EVENT 産学官のイベント情報

※過去の情報を掲載しています。内容が現在は有効ではない場合があります。
※リンク先が変更になっている、または存在しない場合があります。
並び順 | 日時

デザイン開発力向上講座2021(全4回)

道総研産業技術環境研究本部では、自社製品開発を行っている、または今後行いたい企業を対象に、デザイナーのいない企業でも可能なデザイン開発のアプローチ方法について理解するための講座を開催します。7月から翌年2月までの講座期間中、道総研デザインチームと外部アドバイザーが丁寧にサポートします。<申込締切:令和3年6月30日(水)>

食ロボSIer育成研修(全4回)

道総研産業技術環境研究本部では、コロナ禍の生産性維持に欠かすことの出来ない食品加工メーカー等におけるロボット導入の担い手(食ロボSIer)を育成するため、「食ロボSIer育成研修(全4回)」を開催します。現在確定しているのは第1回のみで、情報は適宜更新いたします。

【オンライン】エネルギー技術シンポジウム2021

2020年10月、日本政府は、2050年までにカーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。この高い目標を達成するためには、これまで以上に野心的なイノベーションへの挑戦が不可欠です。同年12月には「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」が策定され、本分野に関わる技術開発の一層の加速が期待されます。本シンポジウムでは、カーボンニュートラルに関わる政策や技術課題について有識者をお招きして講演いただくとともに、産総研における関連技術への取り組みについて紹介します。<事前登録制(参加費 無料) 登録締切:11/15(月)>

令和3年度「中核人材育成研修」

道総研産業技術環境研究本部では、道内ものづくり企業のQCD対応力強化を図るため、道内企業の特性である多品種少量生産で労働集約型の企業形態に対応し、自社の強み、弱みを総合的に把握、判断できる「生産管理自己診断システム」を開発しました。今回、道内ものづくり企業の現場及び管理部門の管理者等を対象に、このシステムを活用し、企業自らが改善活動を実施できる中核人材(評価担当者)を育成するための研修を開催します。<申込締切:令和3年(2021年)10月15日(金)>

第35回北海道 技術・ビジネス交流会(ビジネスEXPO)

「第35回北海道 技術・ビジネス交流会(ビジネスEXPO)」につきまして、感染予防対策を万全にした上で開催することとしましたのでお知らせします。
※現在、出展のお申込みも受付中です。【申込期間】2021年7月1日(木)~2021年8月31日(火)

【会場&オンライン】2021 アグリビジネス創出フェア in Hokkaido -北海道の食と農の明日へ-

北海道地域の農林水産業、食品産業及び関連産業の活性化を目指し、産学官連携による技術開発の促進、企業化・事業化チャンスの発掘とビジネス・ネットワークの拡大に資するため、また、これらの産業の技術開発と新技術の普及の大切さを市民に伝えるためにアグリビ ジネス創出フェア in Hokkaido を開催します。

【オンライン】第23回化学工学北海道アカシアセミナー

北海道の産業活動を活性化するための課題の一つとして、ニーズ・シーズのマッチングできていないことが挙げられます。これはニーズ・シーズはあるものの、その伝え方に課題があると考えられます。そこで、マッチングのプロである技術コーディネーターにお話しいただきます。マッチングを行うにあたり、コーディネーターがどのような情報を必要としているのか、どのように伝えればよいのかを知ることで 円滑なマッチングが進み 、北海道産業活性化につながると考え 、本セミナーを企画しました。また、ニーズ・シーズ・マッチング事例についてもお話しいただきます。

【オンライン】海外ビジネス知財対策セミナー ―北海道産品輸出に欠かせない知財対策とは―

海外展開の際に気を付けるべき商標、ブランド、ドメイン名、意匠、契約、模倣品対策について、失敗例も含み、INPIT 海外知的財産プロデューサーの久永道夫氏に解説頂きます。特に、北海道に多い農産品や加工食品の事例に特化してお話頂きます。初心者の方にもわかりやすくお話しますので、海外への輸出・投資をご検討の方はぜひご参加ください。<申込締切:2021年11月07日(日曜) 23時59分>

第35回寒地土木研究所講演会

寒地土木研究所講演会は、積雪寒冷地域における土木技術の研究開発及び成果等についてより多くの方々にご紹介することを目的に毎年開催しております。第35回を本年度は基調講演に、高知工科大学 経済・マネジメント学群 教授の渡邊 法美氏をお招きし「土木事業におけるリスクマネジメント」と題してご講演を頂きます。また、一般講演として、当研究所の寒地道路保全チーム丸山記美雄上席研究員が「様々なリスク要因に対応する寒冷地舗装技術の開発」を、防災地質チーム倉橋稔幸上席研究員が「北海道における斜面災害の発生要因とリスクへの対処方法について」を、つくば中央研究所から阿南修司地質研究監が「地質・地盤リスクにONE-TEAMで対応する」-地質・地盤リスクマネジメントの導入と運用-と題し研究活動のご紹介を行います。

【オンライン】品質評価技術研修 ~「ヒューマンエラー」を様々な視点から学ぶ~

本年度の品質評価技術研修では、製品の品質評価に関する技術力向上のため、ヒューマンエラー(人為ミス、フールプルーフ、ポカよけ等)をキーワードに、人間の特性を認めつつ、できるだけ未然に防止、損失を少なくするノウハウなどを学びたいと思います。今回は、錯視(錯覚)や分析手法など、それぞれの分野の第一線でご活躍されている方を、講師としてお招きいたしました。様々な分野の業務に携わる方にとって興味深い内容と思われますので、皆様のご参加をお待ちしております。

移動食品加工研究センター&移動食品加工技術センターin北見

食品加工研究センターとオホーツク財団は、本道の食関連企業の付加価値の高い製品開発等を技術面から支援することを目的に「移動食品加工研究センター&移動食品加工技術センターin北見」を開催することとしました。 本講演では、これまで両機関が取り組んできた最新の研究成果をご紹介させていただくとともに、INPIT北海道知財総支援窓口のご担当者から知財総合支援窓口の支援内容についてご紹介いただきます。<オンラインによる同時配信もあります>

【オンライン】NoMaps Dream Pitch 2021

経済産業省北海道経済産業局は、技術シーズや斬新なアイディアを基に事業化を目指す起業家・スタートアップ企業によるビジネスプランコンテストをオンラインで開催します。優秀チームには、東京で開催される全国規模のピッチコンテストへの参加の機会等を提供し、北海道から新たなイノベーションの創出を目指します。
<申込締切:2021年10月27日(水)12:00>

【オンライン】SAPPORO BI LAB ウェビナー#5『寄り道BIラボ』

今回のテーマは「札幌におけるライフサイエンス分野領域のエコシステム形成」。お客様は、薬剤師・弁護士などの資格を有し、ライフサイエンス分野でベンチャーキャピタリストとして活躍する深津幸紀さんがご好評にお応えして2回目の登場!さらに、大手IT企業やスタートアップ企業での経歴を持ち、昨年、北海道エリアを対象に地域特化型のシードVCを立ち上げ、その動向が注目される大久保徳彦さんが初登場!札幌・北海道を知るベンチャーキャピタリストのお二人にスタートアップ・エコシステムを語ってもらいます。

「観光・ホテル・外食産業展HOKKAIDO2021」「北海道都市開発・建設総合展2021」「北海道災害リスク対策推進展2021」

2018年、北海道は命名50周年という節目を迎えました。あらゆる環境が劇的に変化していく中、北海道が次の150年に向け持続的に発展していくためには、現状の課題解決やビジネスモデルに限らず、長期的な視点と発想、技術革新が求められます。北海道が一段高い、次のステージに移行するためのヒントやリソースが集結する3つの展示会を合同開催します。<来場事前登録が必要です>

【オンライン】グリーンテクノバンク・アグリシーズセミナー「寿命の延伸に貢献する新しいお米の研究」

北海道のイネ品種「ゆきひかり」は、米アレルゲンを他の品種と同様に含むが、米アレルギーを引き起こしにくい品種として知られています。最近の研究では、「ゆきひかり」の何らかの成分が、免疫細胞に直接働きかけて炎症反応を抑制し、米アレルギーのみならず、他の多くのアレルギー疾患や肥満など、生活習慣病を含めた炎症性疾患に対して有効である可能性があり、それを示唆する実験データが集まり始めているところです。このように、北海道で開発されたイネ品種「ゆきひかり」の特性が注目され、重要な研究が進行しています。 この研究は市民生活の質の向上や関連産業の活性化に貢献する可能性があるため、本セミナーで取り上げ、研究の背景や最新の研究情報について分かりやすくお伝えすることにします。

あさひかわDXセミナー

社内のデジタル化の推進や製造現場のIoTを活用した省力化などに興味・関心のある旭川市内の事業者様を対象に、IT企業による各社サービス、ソリューションをご紹介するプレゼンテーション及び個別相談会を行います。

【オンライン】令和3年度 安全保障貿易管理のオンライン説明会

経済産業省では、輸出管理業務初級者の方を対象に、安全保障貿易管理※1(外為法関連)の重要性、制度の概要及び自主的な輸出管理体制整備などのポイント、NACCS外為法関連業務※2の操作方法を解説する説明会をオンラインで開催します。また、説明会終了後、個別相談会(30分程度)に参加することができます(申込者数によっては後日となる場合があります)。

原価管理・コスト改善ゼミナール

道総研産業技術環境研究本部では、コロナ禍でより一層重要視されている企業の生産性向上や、利益アップに直結する原価管理の手法、コストダウンのやり方などを学ぶ研修を開催します。<申込締切:令和3年(2021年)10月1日(金)>

全317ページ中の1ページ目、6328件中の20件を表示中

お問い合わせ・相談申し込み

相談担当者スケジュール

【会員限定】施設利用