HiNTセミナー 2009-3

R&Bパーク札幌大通サテライト(HiNT)では「科学技術の活用による商品開発」を目的として、 研究者・技術者と企業人の交流と連携を促進するため、 シーズ紹介セミナーをシリーズで開催中です。

つきましては、2009年度第3回目のセミナーを下記要領で開催いたしますので、 皆様のご参加をお待ちしております。

日 時: 2009年6月23日(火) 17:00〜18:00
場 所:  R&Bパーク札幌大通サテライト(札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル1階)
主 催: (独)産業技術総合研究所 北海道センター
申込先: 電話 011-219-3359  FAX 011-219-3351   メール infohint-sapporo.jp
いずれかの方法で6月23日のセミナーに参加する旨と参加者のお名前、所属、連絡先電話番号をご連絡ください。  (注)上記@マークは文字としてコピー&ペーストができません。

講演者: 鞘師 守(サヤシ マモル) 教授(北見工業大学 知的財産本部長)

演 題: 産学連携に向けた地域人材育成の新たなる取り組み
要 旨:
 北見工業大学は平成20年度から、3系列・6学科・13コースからなる新たな学部教育の体系をスタートさせた。 1年次には3系列に分かれて勉学を始め、2年次に6学科、さらに3年次には13コースに分かれて専門的な教育を受ける。 学生は勉学の進行に伴い、考えながら自身の専門分野を選択して行くことになる。  マネジメント工学コースを選択した学生は、3年次には、 各学科に用意されている「工学専門要素に関する科目」とマネジメント工学コース固有の「技術経営関連の科目」とをほぼ半々の比重で学ぶ。 4年次には、実務を通して実践的な学習を行う科目「マネジメント工学プロジェクト」を履修する。  地域・社会の産業振興に寄与する人材の輩出を目的とした上記コースについて紹介し、コース設定の背景、考え方、システムなどを解説する。

鞘師先生のプロフィール(クリック)