TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

※過去の情報を掲載しています。内容が現在は有効ではない場合があります。
※リンク先が変更になっている、または存在しない場合があります。
並び替え |日時機関登録順

経済産業省北海道経済産業局

「パッケージデザインコンテスト北海道2019」 デザイン対象商品の募集

経済産業省北海道経済産業局では、デザイン活用の重要性や知的財産としての権利保護の必要性を多くの人に知っていただくため、北海道内の食品や日用品を対象に優れたパッケージデザインを広く募集し、展示する「パッケージデザインコンテスト北海道2019」を実施します。これに伴い、全国から公募するパッケージデザインの対象となる商品を、北海道内の中小企業等から募集します。
<商品募集期間:8月1日(木)~9月10日(火)>

JICA

「第9回中南米日系社会との連携調査団(ブラジル、ボリビア派遣)」参加者募集

(独)国際協力機構(JICA)は、中南米日系社会との連携を促進するため、日本の中小企業によって構成された調査団をブラジル、ボリビアに派遣します。中南米へのビジネス展開に関心を有する企業経営者の参加を募集します。
■日程: 2020年2月1日(土)~17日(月)
■定員: 10名
■応募締切: 9月27日(金)正午

札幌市

令和元年度(2019年度)札幌スタイル認証製品を募集します

札幌から生まれる、暮らしを豊かにする高い品質と独自性を持った製品を地域ブランド「札幌スタイル」として認証し、全国、世界へ挑戦する製品や企業のプロモーションと販路拡大に取り組んでいます。札幌の地域ブランドを全国へ。そして世界に羽ばたかせる製品を求め、今年度も新たな製品を募集します。札幌の「自由な気風」から生まれる「いいもの」のご応募をお待ちしています。

経済産業省北海道経済産業局

新技術・アイディア(ビジネスプラン)を全国から募集します ~ ビジネスに結びつけるためのピッチコンテストを開催、コンテスト優秀チームは全国大会へ ~

「“NoMaps NEDO Dream Pitch” with 起業家万博」は、技術シーズの事業化を目指している中小・ベンチャー企業等(起業前を含む)を支援するためのプログラムです。専門家による助言・指導や、ピッチコンテスト及びマッチング機会の提供などを行っています。新たな技術・アイディアを全国・世界に発信するとともに、これらの取組を通じて、北海道から新しく大きな価値を生み出していくことを目指しています。
本募集の一次審査通過者は、10月16日(水)にNoMaps2019と連携し開催されるピッチコンテストに出場いただきます。また、ピッチコンテストに向けて、集合研修や専門家による個別のプレゼン指導等を受けることができます。優秀チームには、東京で開催される全国規模のピッチコンテストの参加機会の提供など、北海道からより広く活躍するための支援を行います。
<応募締切: 2019年8月21日(水)12:00まで ※プラン添削希望者は、8月7日(水)12:00まで>

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター

「デジタル×バイオヘルス スタートアップ連続講座(入門編)」のご案内

健康・医療分野における起業促進や経営力向上を目的に、スタートアップの事例や、マーケティング方法などを学べる入門講座を開催します。ベンチャー起業を志す方を中心に、まずは健康・医療分野のビジネスの概要を学びたいといった方まで、幅広い方に受講いただける講座となっています。
■【講座タイトル】「デジタルXバイオヘルス スタートアップ連続講座(入門編)」
■【概要】全3回のカリキュラムで、起業や新事業の立ち上げについての実例や体験談、最新動向、どのようにアイディアをビジネスにするのかを学びます。講師陣は、 起業の専門家をはじめとして、 スタートアップの先輩起業家、 道内大学から経営・起業に精通している教授に講演していただきます。
※申込締切 6月28日(金)まで

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター

「ヘルスケアIT2020」出展企業募集のご案内

ノーステック財団・札幌市と北海道では、東京で開催される「ヘルスケアIT2020」に出展を行い、高齢化の進展等を背景としてさらなる成長が期待される健康・医療関連産業において、道内のIT企業、デバイス等開発企業の参入促進・取引拡大を支援いたします。
■「ヘルスケアIT2020」概要■
『予防・未病』『医療・介護』の2つをテーマに、新しいテクノロジーが集結。今回は、UBMジャパングル―プが長年開催している『統合医療展』『保険外サービス展』『介護産業展』『メディケアフーズ展』と同時開催で、「ケアショー・ジャパン」の一環として実施されます。
 ◆会 期 2020年1月28日(火)~29(水)10:00-17:00
 ◆会 場 東京ビッグサイト 青海展示場(東京・有明)
 ◆主 催 公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター、札幌市
 ◆規 模 出展者数 350社(ヘルスケアIT単独では約50社)
団体、来場者数 16,000人(予定)
※その他詳細は、公式HPをご確認ください。
https://www.care-show.com/healthit/ (ヘルスケアIT)
https://www.care-show.com/(ケアショー・ジャパン)
≪申込期限:2019年8月29日(木)まで≫

一般財団法人さっぽろ産業振興財団

『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』支援対象者の募集および企業訪問・相談アドバイス実施のご案内

◆【『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』支援対象者を募集しています】 本事業では、売れる製品を生み出すために新製品開発や既存品のリニューアルを目指す意欲ある中小企業に対して、必要な専門家(デザイン、マーケティング、セールス、経営戦略等の専門家)、またそれらを統括するプロデューサー(工業デザイナー)を派遣し、マーケティング、製品企画、製品デザイン、デザインコンセプト、設計、試作まで幅広く支援を行います。(費用:無料)<申込期間:令和元年(2019年)7⽉31⽇(水)まで(必着)>
◆【『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』企業訪問・相談アドバイスを実施します】 製品開発等のアドバイスを通じて企業の課題や製品アイディアを明確にすることを目的に、工業デザイナーの山村真一氏(株式会社コボ 代表取締役社長)等による企業訪問を実施します。また、企業訪問の中で『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』の具体的な支援内容についてご説明します。<申込期間:令和元年(2019年)5⽉31⽇(金)まで(必着)>

札幌市

札幌市経済観光局 企業支援ガイドブックを公開しました。

札幌市経済観光局では、中小企業の新製品・新サービスの開発や、国内外向け販路開拓などをサポートするため、「札幌市経済観光局企業支援ガイドブック」を作成しています。また、経済観光局の企業向けの補助金や出展支援について一覧にした表を作成しています。

経済産業省北海道経済産業局

地域団体商標ガイドブック2019を発刊しました ~ 道内31件、全国645件の地域ブランドを掲載 ~

特許庁では、地域団体商標の制度概要、活用事例、特許庁の支援策等についてまとめた「地域団体商標ガイドブック2019」を作成しました。本書は、地域団体商標を活用している団体の最新事例や、地域団体商標制度の概要、特許庁の支援策、登録されている645件(2018年末時点)の地域団体商標を掲載しています。

経済産業省北海道経済産業局

事例から学ぶ 商標活用ガイドを発行しました

特許庁では、商標に特化した初の活用事例集「事例から学ぶ 商標活用ガイド~ビジネスやるなら、商標だ!~」を初めて作成しました。この活用ガイドは、商標だけに着目し、ビジネス目線で掘り下げた、特許庁初の活用事例集です。本書では、商品名やロゴマーク等、身近にある商標についての活用方法や権利化のメリット、中小企業や地域の団体等による事例、商標制度の概要、よくある疑問を掲載しています。北海道からは、「キタウシリ※」というインパクトのあるネーミングとこだわりの品質で指名買いされるブランドを構築した、北海道チクレン(農協連)の取組が掲載。

特許庁

新たな特許料等の減免制度が始まります(審査請求料・特許料(第1年分~第10年分))

中小企業等を対象とした特許料等の減免措置が規定された「不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年5月30日法律第33号)」に基づき、中小企業等を対象とした「審査請求料」、「特許料(1~10年分)」の減免措置を講じます。また、減免申請手続を大幅に簡素化します。

札幌商工会議所

札幌商工会議所主催「中小企業診断士登録養成課程」のご案内

札幌商工会議所では、昨年度より「中小企業診断士」を養成する「中小企業診断士登録養成課程」を運営しております。本養成課程は、北海道・東北エリアでは唯一、商工会議所としても全国でただ一つの実施機関となります。一次試験の合格者が対象で、本養成課程を修了することにより、二次試験を経ずして国家資格である「中小企業診断士」を取得することが出来るものです。2019年3月26日(火)開講、募集締切は2019年1月15日(火)です。 詳しくはこちらのページをご覧下さい。https://shindanshi-yousei.jp/

特許庁

知財のミカタ 〜 巡回特許庁 in 北海道 ~出張面接を実施します

「知財のミカタ~巡回特許庁~」の開催期間中に、審査官が地域に出向いて面接を行う「出張面接」を集中的に実施します。出願した案件について、特許庁の審査官と直接対話を行うことができます。出張面接の詳細についてのお問い合わせ やお申し込み等については、ホームページのお問合せ先に気軽にご相談ください。 ★日時: 平成30年12月12日[水]▶ 平成31年1月8日[火] ★場所: 北海道全域 

苫小牧工業高等専門学校

苫小牧高専サテライト「C-base」を開設しました

2018年10月12日から、苫小牧経済センタービル内に苫小牧高専サテライト「C-base」を開設し、技術経営相談窓口の運用を始めました。苫小牧市や苫小牧商工会議所等の専門家とチームを組み、皆様の課題解決をお手伝いします。どのような相談でも受け付けますので、お気軽にご相談ください。【相談窓口】所在地:〒053-0022 苫小牧市表町1-1-13 苫小牧経済センタービル2階 TEL:0144-61-1102 FAX:0144-61-1106 E-mail:c-base@tomakomai-ct.ac.jp <受付時間>平日10:00~12:00、13:00~17:00 ※土・日・祝日及び年末年始、受付時間外については、メールでご連絡ください。

経済産業省北海道経済産業局

「北海道を元気にする中小企業・地域産品・観光等支援施策集」を作成しました

経済産業省では、北海道と連携し、平成30年北海道胆振東部地震からの迅速な道内経済復興に向けて、中小企業・小規模事業者をはじめとする関係事業者の皆様が幅広く活用できる「北海道を元気にする中小企業・地域産品・観光等支援施策集」を作成しました。風評被害の払拭、産業基盤の回復と経営再建、北海道経済の成長軌道化に資する当省と北海道の支援施策をそれぞれ掲載していますので、ぜひご活用くだ さい。なお、支援施策集は、今後、内容が追加・変更される可能性もあり、随時情報を更新します。

経済産業省北海道経済産業局

「知的財産権活用企業事例集2018」を発刊しました

特許庁では、知的財産権を武器に様々な分野で活躍している中小企業52社の取組事例を紹介した「知的財産権活用企業事例集2018」を刊行しました。本書は、同様の課題を抱える経営者が、新たな取組に挑戦する際のヒントとして活用しやすいよう、事例を分野別に整理し、知財キーワードでも検索できるようになっています。北海道からは、「丸共バイオフーズ株式会社」(2頁)、「株式会社FJコンポジット」(36頁)、「株式会社光合金製作所」(38頁)の3社の取組事例が紹介されています。

経済産業省北海道経済産業局

平成30年北海道胆振東部地震に係る災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います

経済産業省は、平成30年北海道胆振東部地震に係る災害に関して、北海道内179市町村に災害救助法が適用されたことを踏まえ、被災中小企業・小規模事業者対策を行います。 1.特別相談窓口の設置 2.災害復旧貸付の実施 3.セーフティネット保証4号の適用 4.既往債務の返済条件緩和等の対応 5.小規模企業共済災害時貸付の適用

全383件中、1〜20を表示しています(1ページ目/全20ページ)

お問い合わせ

ご相談のお申込み

施設利用のお申込み