技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。

知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。

研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。

地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。

人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。

産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・


TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

北海道経済産業局のスタートアップ支援

2020年6月23日 /経済産業省北海道経済産業局

経済産業省北海道経済産業局では、本年度から起業家が輩出される要素を探るための道内大学、業界コミュニティ等への調査や、ポストコロナに挑戦する企業のスタートアップ支援に重点的に取り組み...

続きを見る

「中小企業支援補助金・支援サイト 『ミラサポplus』」および「経営力向 上計画申請プラットフォーム」(電子申請システム)が4月1日から運用を開始します

2020年3月26日 /中小企業庁

経済産業省中小企業庁では、行政サービスの電子化プロジェクトとして、「中小企業支援補助金・支援サイト 『ミラサポplus』」および「経営力向上計画申請プラットフォーム」(電子申請シス...

続きを見る


トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

【オンライン】札幌市立大学「2020年度SCU産学官金研究交流会」

札幌市立大学では、これまでにない視点の研究成果を紹介することによって、産学官金の連携強化のみならず、新規産業の創出支援や製品化へのマッチングをすることを目的として、今年度も産学官金研究交流会を開催します。第10回目の研究交流会は、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、従来の対面による開催方式ではなく、本学教員の研究発表をSCU-TV(YouTube)にて、オンライン配信いたします。どなたでも、お気軽にご視聴いただき、興味のある研究にご質問がある場合、産学連携のご相談がある場合には、電話やE-mail等でご連絡ください。オンライン会議でのご相談も承ります。

【オンライン】データ分析基礎講座

(株)北海道ソフトウェア技術開発機構(DEOS)では、「データ分析基礎講座」をオンラインにて開催することとなりましたので、ご案内します。本講座は、全国9地域のソフトウェアセンターが連携して初めて講座を開講するもので、今回は浜名湖国際頭脳センターが企画運営を担当し、以下のとおり開催されます。近年のデジタル化やAI(人工知能)の発展により、規模や業種に関係なくデータ活用が可能な時代へと移行する中、データ活用は分析や検証はもちろんのこと、今後は戦略企画・立案や事業推進での活用が期待されているところです。<申込締切:令和3年1月18日(月)>

【オンライン】IoT×3D CAD/CAE 連携活用セミナー

道総研 産業技術環境研究本部ものづくり支援センターでは、道内企業を対象に、「IoT×3D CAD/CAE 連携活用セミナー」を開催します。セミナーでは、IoT、3D CAD/CAEに係る基礎的な情報収集の場を提供することを目的としてIoT、CAEを導入する際の基礎的な知識およびIoTの活用から設計変更までの流れについてご紹介致します。オンライン開催ですので、ぜひお気軽にご参加ください。なお、このセミナーは、地域活性化雇用創造プロジェクト事業の一環として北海道から委託を受けて実施しています。ご参加いただいた企業の皆様には、セミナー参加後の雇用面での取組や雇用実績などの調査協力をお願いしております。<申込締切:令和3年1月21日(木)>

【オンライン】生産性向上ロボット 導入・活用セミナー

道総研産業技術環境研究本部ものづくり支援センターでは、道内のものづくり企業等を対象に「生産性向上ロボット導入・活用セミナー」を開催します。セミナーでは、新型コロナ感染拡大で活用が進む産業用ロボットの最新動向についてご紹介致します。オンライン開催ですので、今後の製品開発、研究開発に向けた情報収集の場としてお気軽にご参加ください。なお、このセミナーは、地域活性化雇用創造プロジェクト事業の一環として北海道から委託を受けて実施しています。ご参加いただいた企業の皆様には、セミナー参加後の雇用面での取組や雇用実績などの調査協力をお願いしております。<申込締切:令和3年1月25日(月)>

【オンライン】産総研北海道センターシンポジウムin旭川「林業・林産業と産業技術が創る未来」

北海道を代表する一次産業である林業においても、効率化、高度化は必須となってきています。このような背景の下、産総研が産業界向けに開発したAI、IoT、センサー、生命工学などの先端技術が作業効率の向上に役立つことが期待されます。また、木材の産業用高機能素材として利用や、地球環境という観点からのサステイナブルな林業も求められています。そこで、林業・林産業に関わる産総研の技術シーズを紹介すると共に、道内外の研究機関、大学、公設試などの活動を合わせて紹介することにより、同分野における連携を促進することを目的として、シンポジウムを開催します。<申込締切:令和3年1月25日(月)>

【オンライン】北大ビジネス・スプリング拡大セミナー「事例に学ぶスタートアップ ~北大発ベンチャーの事例から~」

起業に関⼼のある北海道⼤学の教職員、研究員の方々を対象に、神⼾医療産業都市のスタートアップの事例や北海道⼤学の事例をご紹介するほか、中⼩企業基盤整備機構の創業⽀援、政府系9 機関スタートアップ⽀援等についてもご紹介いたします。 また、北海道大学の寳金総長による貴重なショートレクチャーも実施いただきます。

【オンライン】MaaS導入促進セミナー in 北海道(導入編)

北海道経済産業局では、自治体や交通事業者等を対象に、地域課題解決を目指す新たなモビリティサービスであるMaaS※の道内への導入を促進するためのセミナーを開催します。本セミナーでは、MaaSへの理解度、取組状況によって導入編と実践編に分け、MaaSの概念や先進自治体、MaaS関連事業者による導入事例をご紹介します。<申込締切:1月29日(金)>

HOBIA令和2年度冬期例会

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない状況ではありますが、例年通り冬期例会の開催を企画いたしました。今回は、北海道で発展が期待されている医療分野でのバイオ技術について、道内外からの講演者をお迎えしてご講演いただくことにいたしました。
※新型コロナ感染症の状況によって、リアル+オンラインのハイブリッド開催を検討準備中です。オンライン参加をご希望の方は、HOBIA事務局までメールアドレスをお知らせください。

ほっかいどうの希望をかたちに!「道総研 設立10周年 パネル展」~【場所】北海道庁1階 特設展示場A・B

道総研では、道総研の研究活動を多くの方々に知っていただくため、道民向けのセミナーやパネル展などを開催しております。今年は、設立10周年を迎える道総研の歴史やこれまでに取り組んできた様々な分野の研究、これからの取り組みについて紹介するパネル展のほか、動画上映や研究成果品などの展示も行います。

【オンライン】MaaS導入促進セミナー in 北海道(実践編)

北海道経済産業局では、自治体や交通事業者等を対象に、地域課題解決を目指す新たなモビリティサービスであるMaaS※の道内への導入を促進するためのセミナーを開催します。本セミナーでは、MaaSへの理解度、取組状況によって導入編と実践編に分け、MaaSの概念や先進自治体、MaaS関連事業者による導入事例をご紹介します。<申込締切:1月29日(金)>

【オンライン】令和2年度 食品加工・品質管理技術講習会

食品加工研究センターでは、本道の食品加工企業等の研究者・技術者を対象に、食品加工や品質管理技術の向上を図るため、食品加工に関連する基礎・応用技術や品質・衛生管理の習得を目的に食品加工・品質管理技術講習会をZoomによるオンラインで開催します。本講習会では、小規模事業者のHACCP対応や、食品工場におけるバイオフィルムに着目 した洗浄方法の検証について紹介させていただきます。<申込締切:2月15日(月)>

【オンライン】食品関連機械研究会 AIセミナー

「食品関連機械研究会」では、技術者、研究者を招聘した技術検討会の開催を通じて、食品の安全・安心に向けた計測技術や機械化ニーズを把握し、食品選別・加工機械の開発につなげる取組を進めています。近年、自動化・省力化のためにAI・IoTの導入が進められてきており、食品製造業においてもそれらの技術の活用が期待されています。今回、北海道大学大学院情報科学研究院の山本雅人教授をお招きし、AI技術の食品産業への応用に関してご講演いただきます。また、食関連産業省力化促進事業で進めている食関連のプロジェクト2課題の研究開発事例を紹介いたします。オンライン開催いたします。<申込締切:令和3年2月17日(水)>

新市場開拓チャレンジセミナー(旭川)

本セミナーでは、北海道をはじめ日本や世界の変化から私たちを取り巻く経営環境の変化について最新の情報をもとに理解を深めます。そして環境が変化する中で「攻めの姿勢」で新市場開拓にチャレンジしている企業の事例から、新市場開拓の必要性と取り組むべきこと(ファーストステップ)を学びます。受講し終わった方が、環境変化に負けず積極的に挑戦していける気持ちになる、そのようなセミナーです。<申込締切:2021年2月12日(金)>

【オンライン】台湾食品輸出セミナー

札幌市内及び近郊の中小企業の皆さまを対象に、オンラインによる【台湾食品輸出セミナー ~コロナ禍における現地最新情報と「これから」の道産食品の可能性について~】を開催いたします。

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

「オープンイノベーション チャレンジピッチ 北海道」において技術・アイディア等を募集します

経済産業省北海道経済産業局では、オープンイノベーションに取り組む大手企業12社のIoT・ものづくり・食・エネルギー分野等の様々なニーズに対し、中小企業・スタートアップ企業等から、新規事業の開発や課題解決を行うための提案を募集します。本事業は、外部との協業・連携意欲が高い大手企業と、新たな技術やサービス等を持つ中小企業・スタートアップ企業等の協業による新事業の創出を目指し、マッチングを支援するものです。
・一次締切:2020年12月31日(木)
・二次締切:2021年1月31日(日)

NEDO「官民による若手研究者発掘支援事業」に係る公募

NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)では、目的指向型の創造的な基礎又は応用研究を行う若手研究者を発掘、支援することにより、次世代のイノベーションを担う人材を育成するとともに、若手研究者と企業との共同研究等の形成を促進し、我が国における新産業の創出に貢献することを目的として、産業技術分野及びエネルギー・環境分野の研究開発を助成します。

2020年度「人材育成助成事業」の募集

道北地域(上川・留萌・宗谷)における地域企業が行う派遣研修事業及び自主研修事業に対し、その経費の一部を助成します。

「ホワイト・テレワーク・デイズ2020」への参加募集

ホワイト・テレワーク・デイズとは、柔軟な働き方を実現するテレワークの機運醸成とその全道展開を加速させるため、官民が連携してテレワークを奨励する強調期間=「ホワイト・テレワーク・デイズ」を設定し、道内みんなでテレワークを実施する取組です。道は、柔軟な働き方を実現するテレワークの機運醸成とその全道展開を加速するため、強調期間を「ホワイト・テレワーク・デイズ2020」と称して設定し、道内の団体・企業の参加を募集しています。

札幌市「新型コロナウイルス対応支援資金」

札幌市では、新型コロナウイルス関連肺炎の流行による影響を受け、厳しい経営環境に置かれている札幌市内の中小企業者等に対し、資金調達の円滑化と返済財源の負担軽減を図るため、「新型コロナウイルス対応支援資金」を創設しました。
【融資対象】新型コロナウイルス関連肺炎の流行により直接または間接の影響を受 け、原則として最近1か月間の売上高等が前年同月比10%以上減少し ており、かつその後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比10%以上減少することが見込まれる中小企業者等

公募情報一覧をみる