技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。

知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。

研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。

地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。

人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。

産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・


TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

METIジャーナル4月政策特集「ドローンのある日常、その先の未来」の掲載について

この度、経済産業省として、今後さらなる活用の広がりが期待される「ドローン」の自治体や企業における利活用をより一層促進するために、ドローンの「幅広い活用可能性・多様性」や、その「活用による効果」について、モデル的にドローンを活用されている自治体や事業者の皆様にインタビューを行い、4月のMETIジャーナル政策特集に全9本の記事を順次掲載をさせていただくこととなりました。

能力開発セミナー(4月~6月)のご案内

北海道職業能力開発大学校に設置されている「生産性向上人材育成支援センター」(生産性センター)では、企業の人材育成に関する相談支援から、課題に合わせた人材育成プランの提案、職業訓練の実施まで、企業の人材育成を総合的にサポートをしています。企業等の在職者の方々を対象に、技術・技能の習得・向上を目的に”ものづくり分野”を主とした『能力開発セミナー』を実施しています。能力開発セミナーは、働きながら学びやすいように、訓練期間は2日~5日程度と比較的短期 の日程で設定していますので、是非、ご活用ください。

伴走型支援の手法で道内中堅・中核企業のコロナ下の変革・成長をサポート ~ 支援企業の取組事例を紹介 ~

北海道経済産業局は、道内経済を牽引する中堅・中核企業のコロナ下の変革・成長を支援するために、「伴走型支援事業」を2020年8月から開始しました。専門家、金融機関、行政で官民合同の支援チームを編成し、経営者と対話を重ね、経営課題の設定と解決策を共に考え、公的支援メニューもアレンジする手法です。2020年度は、当局が連携覚書を締結している旭川市、帯広市、室蘭市を重点地域として、試行的に17社の支援を実施しています。今般、支援企業の主な経営課題、対応事例、来年度事業の概要などをまとめた事業報告を以下のとおり、取りまとめましたので、お知らせします。


トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

【オンライン】2021年度「IT企業に求めるニーズ発表会」

札幌市内におけるバイオ・ヘルスケア関連の研究とIT企業との融合による新しいビジネス創出を目指した発表会を開催します。製品化や事業化を目指す研究過程には、IT企業の力が必要となる場面があります。今回は、研究者が求めるIT企業との連携ニーズを8件発表します。具体的な連携ニーズを共有し、研究者と企業を繋げるためのニーズ発表会です。

【オンライン】令和3年度ITビジネス創出支援事業費補助金 成果発表&公募説明会

コロナ禍を契機にあらゆる場面でリモート化やオンライン化が進み、社会的距離の確保やデジタル技術の活用等の新しい生活様式が定着しました。アフター・コロナの社会では、日常生活、経済産業活動、教育・医療現場など求められるカタチはそれぞれ異なるものの、新しい生活様式に対応した新しいイノベーションの創出が必要です。IT企業はその高い技術力をもって、この新しい社会に寄与できるサービスを生み出すことが期待されています。今回は、そのようなコロナ禍後の社会を見据え、「新たなビジネスを創り出す源流とは」をテーマに基調講演を行い、札幌市内のIT企業が先進的なIT技術を活用したビジネスイノベーションの創出にチャレンジする機運が高まる場にしたいと思います。基調講演終了後は、そういった取組を行う企業を支援する「ITビジネス創出支援事業費補助金」の昨年度採択された事業者の成果報告会を兼ねた公募説明会を開催します。

【オンライン&会場】HoPE 第21回総会・記念講演会

5月12日(水)は産学官連携研究会HoPEの総会と記念講演会を開催します。HoPE の記念講演は超贅沢です!北大の寶金総長と道総研の田中理事長お二人のお話を聞くことができます。北大、道総研どちらも北海道の企業にとって大切な存在であり、企業の発展に力を貸してくださる組織です。その組織のトップからお話が聞けます。会場とZOOMの両方で開催します。

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/NEDO Entrepreneurs Program(NEP)」に係る第1回公募について(予告)

NEDOは、具体的な技術シーズを活用した事業構想を有する起業家候補支援プログラム(NEDO Entrepreneurs Program;以下「NEP」という)で活動する起業家候補人材の公募を行う予定です。本事業では、応募要件や支援内容、事業期間に応じて、3つの応募タイプ(NEPタイプA [個人]、NEPタイプA [法人]、NEPタイプB)があります。事業者が行う事業化可能性の調査や事業化促進に向けた研究開発、実証等(ビジネスプラン作成、市場調査、試作品の設計・製作等)の活動に対し、NEDOが委嘱する事業化支援人材(起業・事業化に向けた活動やビジネスプラン構築について指導を行う専門家)によるハンズオン支援を行います。

「地域産業クラスターものづくり支援事業」

道内の産業クラスター研究会および地域活動グループが取組んでいる、地域の「強み」や「特色」を活かした『ものづくり』をとおして地場産業の振興に資する活動を支援します。

「地域食品加工施設活用モデル事業」

道内食品の高付加価値化を図るため、地域の食品加工施設(北海道総合研究機構 食品加工研究センター 試作実証施設を含む)を有効活用した食品開発のモデル事業を支援します。

サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金(2次公募)

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、我が国サプライチェーンの脆弱性 が顕在化したことから、生産拠点の集中度が高く、サプライチェーンの途絶に よるリスクが大きい重要な製品・部素材、または国民が健康な生活を営む上で重要な製品・部素材について、国内の生産拠点等の整備を進めることにより、製品・部素材の円滑な供給を確保するなど、サプライチェーンの強靭化を図る事業について支援します。

令和3年度「中小企業知的財産活動支援事業費補助金」の公募

経済産業省北海道経済産業局では、令和3年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金の公募を開始しました。本補助金は、中小企業支援センター・大学・金融機関等が中小企業等に対して行う、知財活用促進のための支援施策の拡充や、地域における先導的な仕組みづくり等を支援するものです。

令和3年度企業向け補助金(札幌市)オンライン説明会

食関連産業、ものづくり産業、ITビジネス系、映像産業系、クリエータ事業系向けの各種補助金の募集概要に関して、担当者がくわしく説明いたします。コロナ禍における業績回復に補助金活用をご検討下さい。

ものづくり補助金6次締切の公募

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金の6次締切分の公募が開始しましたのでお知らせします。申請の受付は4月15日(木)17時からとなっております。

「IT導入補助金2021」の公募

生産性向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する事業者に対し、費用の一部補助を行います(通常枠)。また、補助率を引き上げた「低感染リスク型ビジネス枠(特別枠)」を設け、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けて、業務の非対面化に取り組む事業者によるITツールの導入を支援します。

2021年度「ものづくり開発推進事業」の公募

札幌市の様々な産業をけん引する「重点分野」及び、札幌市産業全体の底上げが期待される「ものづくり分野」において、圏域内の中小企業者等が行う新製品・新技術開発(既製品の改良を含む)の取り組みを支援することによって、「さっぽろ連携中枢都市圏」の経済の活性化を図っていくことを目的とします。

公募情報一覧をみる

お問い合わせ・相談申し込み

【会員限定】施設利用