技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。

知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。

研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。

地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。

人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。

産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・


2019年9月19日

HiNTセミナー2019-1「戦略的標準化の重要性と新市場創造型標準化制度の概要」

山田 次雄 氏(一般財団法人日本規格協会 高度エキスパート)

企業が国境を越えて活動する現代社会においては、製品の品質、性能、安全性、寸法、試験方法などに関する国際的な取り決めである国際標準は、市場の開発・拡大において、極めて重要です。  経済産業省は優れた技術による新市場の創造を促進するため、2014年7月に「新市場創造型標準化制度」を創設し、新技術の標準化及び国際標準化を後押ししてきました。  今回、企業にとっての標準化の重要性と、標準化を後押しする制度である「新市場創造型標準化制度」について、一般財団法人日本規格協会 高度エキスパートの 山田 次雄 氏に講演していただきます。

詳細情報・お申し込み

北のものづくりサポーター

北海道の産学官連携の要になる人々を紹介します

  • 一般財団法人 旭川産業創造プラザ

    中川 敏史さん

  • 国立大学法人北海道大学

    城野 理佳子さん

  • 帯広畜産大学地域連携推進センター

    獣医学博士 田中 一郎さん、農学博士 藤倉 雄司さん

  • 北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場

    八鍬 明弘さん

  • 北海道立工業技術センター

    小西 靖之さん

  • 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

    佐々木 淳さん

  • 十勝圏振興センター

    飛川 剛さん

  • 社団法人 北見工業技術センター運営協会

    進藤 覚弥さん

  • 釧路工業技術センター

    原田 隆行さん

TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

中小企業向け“使える!”経済産業省支援メニューガイドブック

2019年5月14日 /経済産業省北海道経済産業局

北海道経済産業局では、中小企業の設備投資や国内外向け販路開拓等をサポートするため、「中小企業向け“使える!”経済産業省支援メニューガイドブック」を作成しています。ご活用ください。...

続きを見る

札幌市経済観光局 企業支援ガイドブックを公開しました。

2019年3月26日 /札幌市

札幌市経済観光局では、中小企業の新製品・新サービスの開発や、国内外向け販路開拓などをサポートするため、「札幌市経済観光局企業支援ガイドブック」を作成しています。また、経済観光局の企...

続きを見る

事例から学ぶ 商標活用ガイドを発行しました

2019年3月20日 /経済産業省北海道経済産業局

特許庁では、商標に特化した初の活用事例集「事例から学ぶ 商標活用ガイド~ビジネスやるなら、商標だ!~」を初めて作成しました。この活用ガイドは、商標だけに着目し、ビジネス目線で掘り下...

続きを見る


トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

IoT導入ワークショップ(札幌)

経済産業省北海道経済産業局では、省力化や生産性向上の実現に向けて、新たにIoTの導入・利活用に取り組む中小製造業を対象としたIoT導入ワークショップを全5日間にわたり開催します。本ワークショップでは、経験豊富な専門家の指導を受けながら、知財戦略を加味した自社のIoT導入計画の策定を支援します。<申込締切:8月16日(金)まで>

食品企画開発セミナー in 函館

地方独立行政法人 北海道立総合研究機構(道総研)産業技術研究本部 食品加工研究センターでは、北海道渡島総合振興局及び道立工業技術センターの後援をいただき、食関連企業の付加価値の高い製品開発や事業の高度化を支援することを目的に専門家によるセミナーを開催することとしました。本セミナーでは、食品加工研究センターの概要や取組みについてご紹介するとともに、地域の水産素材を活用した研究開発と商品化事例の紹介を北海道立工業技術センター研究主幹の吉岡様に、また、食品の企画開発について、北海道どさんこプラザ札幌店店長の吉岡様にご講演いただきます。講演終了後は当センター職員による個別技術相談を行います。また、当センター職員による食品企業等を対象とする現地技術指導も行います。

「第3回日本サービス大賞」応募説明会(札幌)

日本サービス大賞は2015年から始まり、第3回目を迎えます。 多種多様なサービスを共通の尺度で評価し、産業の発展を先導する 「革新的な優れたサービス」を表彰する、日本初の制度です。 これまでになかった新しい価値、そして新しいやり方を実現しているサービスを募集しています。

HiNTセミナー2019-1「戦略的標準化の重要性と新市場創造型標準化制度の概要」(札幌)

R&Bパーク札幌大通サテライト(HiNT)では「科学技術の活用による商品開発」を目的として、 研究者・技術者と企業人の交流と連携を促進するため、 シーズ紹介セミナーをシリーズで開催中です。 つきましては、2019年度第1回目のHiNTセミナーを下記要領で開催いたしますので、 皆様のご参加をお待ちしております。

食品産業の経営に役立つ省エネ促進セミナー(札幌)

済産業省北海道経済産業局では、北海道の基幹産業である食品産業を対象に、企業活動における省エネのメリットや、エネルギーの「見える化」及び効果的な省エネ手法や、事例を説明する省エネ促進セミナーを開催します。<申込締切:2019年9月19日(木)まで>

北海道ベンチャービジネス・プレゼン会2019(札幌)

道内の創業者等の事業計画や新製品・技術等を紹介し、事業提携や販路拡大、資金調達等による事業展開のチャ ンスを広げることを目的とした「北海道ベンチャービジネス・プレゼン会2019」を開催します。 <申込締切:9月20日(金)まで>

2019年度 北海道地域情報セキュリティセミナー(札幌)

北海道地域情報セキュリティ連絡会(事務局:北海道総合通信局、北海道経済産業局、北海道警察)では、情報漏えいやウィルス感染、サイバー攻撃等を防ぐため、情報セキュリティの重要性や企業が取り組むべきセキュリティ対策など、最新の事例を交えて解説するセミナーを9月26日(木)に開催します。<申込締切:2019年9月20日(金)17:00>

食品企画開発&安全安心セミナーin 十勝

地方独立行政法人北海道立総合研究機構産業技術研究本部食品加工研究センターでは、地域経済の活性化 に大きな役割を果たしている食品産業の振興に向けて、食品の企画開発と食の安全安心に関するセミナーを開 催することとしました。本セミナーでは、食品加工研究センターの概要や最近の研究開発の取組みについて、当センター職員がご説 明します。また、北海道よろず支援拠点の田所コーディネーターに「地域資源を活用した魅力的な商品開発について」 ご講演いただきます。講演終了後は田所コーディネーターと当センター職員による個別技術相談等も予定しています。

北海道大学大学院工学研究院イノベーションフォーラム2019(札幌)

北海道大学大学院工学研究院では、社会における課題解決や新たな価値の創造を目指し、大学の研究成果と企業・官公庁等のニーズのマッチングを目的として、「北海道大学大学院工学研究院イノベーションフォーラム2019」を下記により開催します。本フォーラムでは、大学院工学研究院で行われている実用化が期待されるシーズ研究等を紹介いたします。当日はポスター発表23テーマ、講演2題を予定しています。

海外知的財産活用講座(札幌)

海外進出を行う中小企業が増えていますが、進出先でのリスク対策は行っていますか?海外進出においては現地での技術流出、権利の先取りなど知的財産面でのトラブルに巻き込まれるケースが多くあり、知的財産リスクへの備えが必要不可欠です。そこで(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)では、中堅・中小・ベンチャー企業等の方を対象に、知的財産面から見た、海外ビジネスを円滑に進めるための留意点をお伝えする無料セミナーを開催します。

企業ブランディング戦略立案セミナー(札幌)

経済産業省は企業の魅力や理念をストーリー化した映像による「ブランディング」を行い、人材採用や販路拡大に活かすための戦略立案や、効果的な映像コンテンツの活用について解説するセミナーを開催いたします。<定員 50名>

2019年度 “NoMaps NEDO Dream Pitch” with 起業家万博(札幌)

経済産業省北海道経済産業局とNEDO((国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、優れた技術シーズを基に起業し、事業を拡大させたいと考えている起業家・起業家予備軍が自らのビジネスプランを発表するビジネスプランコンテストを開催します。審査員による審査及び表彰を行い、新たな技術・アイディアを全国に発信するとともに、これらの取組を通じて、北海道から新しく大きな価値を生み出していくことを目指します。<申込締切:2019年10月11日(金)12:00>

新市場創造型標準化制度 企業相談会(札幌)

新市場創造型標準化制度に関する企業相談会(無料)を全国8か所にて行います。この制度は、中堅・中小企業等が開発した優れた技術であり、新市場の創造又は拡大が見込まれるものの、既存の規格ではその適切な評価が難しく普及が進まない技術・製品について、性能の評価方法等の標準化を支援する制度です。

JNSA全国横断サイバーセキュリティセミナー2019(札幌)

サイバー攻撃が年々高度化し、様々な攻撃手法によって企業が狙われるなか、クラウドサービス利用の拡大や働き方改革によるICT利活用環境の変化に対応した新たなセキュリティ対策も必要となっています。さらには、取引事業者が攻撃されることにより、二次的に自社が被害を受けるサプライチェーンリスクも増加しています。本セミナーでは、サイバーセキュリティを事業運営に活用・定着させる上で参考となる国の政策や、最新脅威とその対策、マネジメントの解説、JNSAが提供している対策に活かせるツール等についてご紹介いたします。

医療IT EXPO(東京)

医療分野と介護分野を横断的につなぐ6つの展示会で構成される「医療と介護の総合展(メディカルジャパン)」の一つであり、病院の経営ソリューションから、介護福祉機器、地域包括ケアシステムを支える連携ICTまで一堂に出展。医療介護関係者が一堂に集まる、日本有数の医療・介護分野におけるBtoB商談展です。◆ノーステック財団・札幌市では、東京で開催される「医療IT EXPO」に札幌ブースの出展を行い、高齢化の進展等を背景としてさらなる成長が期待される健康・医療関連産業において、札幌市内のIT企業、ものづくり企業等の参入促進・取引拡大を支援いたします。<出展企業募集中~申込期限:2019年5月17日(金)まで>

「Developers Festa Sapporo 2019」(札幌)

札幌市内最大級のITイベント「Developers Festa Sapporo」が今年も開催されます。北海道内外からIT業界のトップエンジニアである講師陣をお招きし、Web・オープン系技術やクラウドなど、幅広いジャンルの最新情報や注目情報を発信します。<入場料無料(要事前申込)>

デジタル×バイオヘルス スタートアップ連続講座(実践編)全3回(札幌)

健康・医療分野における起業促進や経営力向上を目的に、スタートアップや新規事業を成功に導くためのアイデア検証方法からユーザーヒアリング、プレゼンテーションまで、バイオ・ヘルスケア領域での起業を目指す方、新規事業を考える方を対象としたワークショップ形式の連続講座です。<申込締切 2019年11月1日(金)>

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の2次公募

本事業は、中小企業・小規模事業者等が取り組む、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援するものです。
<公募説明会>
日時:8月29日(木曜日) 13時30分~16時
場所:札幌グランドホテル 別館2階 グランドホール(札幌市中央区北1条西4丁目)

「Japan Venture Awards 2020」~起業家を募集しています~

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、革新的かつ潜在成長力の高い事業や、社会的課題の解決に資する事業を行う、志の高いベンチャー企業の経営者を称える表彰制度を実施しています。つきましては、新たな事業の創出や市場開拓に挑む、起業家を募集します。

平成31年度「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」の2次公募

本事業は、中小企業・小規模事業者等が連携して取組む、生産性向上や地域経済への波及効果拡大に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。
<公募説明会>
開催日時:令和元年8月29日(木)16時~17時
開催場所:札幌グランドホテル 別館2階 グランドホール(札幌市中央区北1条西4丁目)
※当日、13:30~16:00に同一会場にて開催を予定しています平成30年度補正ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金2次公募説明会終了後、引き続き開催いたします。

製造業×IoTスモールスタートモデル創出補助金

この補助金は、市内中小製造業等におけるIoT導入を促進し、生産性の向上及び競争力強化を図ることを目的としています。ロボット革命イニシアティブ協議会が公開する「スマートものづくり応援ツール」を導入して製造現場等の課題解決・生産性向上に取組む際の経費の一部を補助します。この補助金を活用した取組みを「身近なモデル事例」として普及啓発することで、その他の中小製造業にもIoT導入による生産性向上等の取組みを広げていきます。

2019年度北海道中小企業新応援ファンド事業の2次募集

北海道中小企業応援ファンドは、中小企業基盤整備機構や北海道、道内の金融機関が資金を拠出して組成したもので、ファンドの運用益を基に、道内における新たな産業の創出や事業化を支援します。

三菱UFJ技術育成財団-研究開発助成金の公募(第2回目)

三菱UFJ技術育成財団は、技術指向型の中小企業の育成を通じて、我が国産業の発展並びに中小企業の経営高度化に貢献することを目的として、昭和58年に設立、発足しました。当財団では、このような目的を達成する事業の一環として、設立以来、 新技術・新製品等の研究開発に対する助成金の交付事業を行っております。今年度第2回目となる助成金の公募を、9月20日より10月20日まで実施します(最大300万円、交付決定時前払い)。新規性・独創性に富むプロジェクトのご応募をお待ちしております。

第3回日本サービス大賞

日本サービス大賞は、貴社の革新的なサービスを、内閣総理大臣賞をはじめ各大臣賞として表彰します。現在、第3回の応募をホームページにて受け付けております(締切10月31日)。サービスの高度化と産業の発展を先導する、きらりと光る新しい価値を提供しているサービスや、これまでになかった新しいやり方を実現しているサービスを募集します。

2019年度北洋銀行ドリーム基金研究開発助成金

当基金は、1989年札幌銀行が普通銀行に転換したのを記念して設立され、 北海道の中小企業の皆さまが行う新技術・新製品の研究開発に対する助成を行い、 道内企業の振興と企業の育成を通して北海道経済の発展と産業構造の改善に寄与することを目的としています。

「Needs×IT マッチング」支援先企業募集

IT導入でお悩みの中小企業会員の皆様、課題の整理からITベンダーによる提案実施まで支援します
少子高齢化、人手不足が深刻化する中で、生産性向上が企業経営の大きな課題となっております。ITの有効活用は業務の効率化、新規事業領域の開拓など生産性向上に役立つと言われますが、これまでの各種の調査で、社内におけるIT分野の専門人材不足が、中小企業のIT導入を阻むボトルネックとなっている実態が明らかになっています。
  こうした状況に鑑み、本年度札幌商工会議所生産性向上サポートデスクでは、中小企業診断士・ITコーディネータ等専門家と連携し、中小企業庁ミラサポ専門家派遣など公的支援を活用しつつ、IT導入に向けた課題整理、ITベンダーとのマッチング、提案実施まで、IT導入に当たって必要となる一連のプロセスを支援する「Needs×ITマッチング」を実施する運びとなりました。

公募情報一覧をみる

お問い合わせ

ご相談のお申込み

施設利用のお申込み