技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。
知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。
研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。
地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。
人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。
産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・

TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

北海道科学技術総合振興センター(2016年8月25日)

「元気北海道ロゴマーク」のご案内

ノーステック財団は今年1月、健康長寿産業分野の振興に向けた連携協定を北海道と締結し、両者が協調してライフサイエンス分野の産業振興を進めていくことになりました。 この元気北海道ロゴマークは、北海道との連携協定において目指す「健康長寿産業の創造」に 向けた取組みを広くPR し、仲間を集い、集った仲間が目的意識を共有しあうために 作成したもので、人(企業)と人(企業)とのつながり、つながったことでの健康創造をシンボル化しています。主旨にご賛同いただき是非とも元気北海道ロゴをご愛顧、ご活用下さい。

経済産業省(2016年7月1日)

「省エネ支援総合ポータル」が開設されました

経済産業省資源エネルギー庁では、無料省エネ診断等の申込や診断事例の紹介により、企業の省エネ・節電をきめ細かにサポートする「省エネ支援総合ポータル」を開設しました。省エネに関する課題や取組に対して、様々なサービスを提供しておりますので、ぜひご活用ください。

北海道経済産業局(2016年5月30日)

「平成28年度 北海道知的財産支援ガイド」を発刊しました

 北海道知的財産戦略本部(事務局:北海道経済産業局、北海道)では、この度「平成28年度 北海道知的財産支援ガイド」を発刊しました。(A4版・29頁・無料)  本ガイドは、29構成機関の知的財産に関する支援施策を一冊にまとめ、道内の中小・ベンチャー企業の方に役立つ知的財産の支援情報をワンストップで提供しています。

北海道中小企業総合支援センター(2016年5月9日)

平成28年度北海道6次産業化サポートセンター開設のご案内

(公財)北海道中小企業総合支援センターでは、北海道から委託を受け、本道における農林漁業者の6次産業化を推進するため、事業者等からの相談等に対応する「北海道6次産業化サポートセンター」を開設しました。サポートセンターでは、道内農林漁業者等の皆様からのご相談に応じ、6次産業化に関する取り組みや新商品開発・販路拡大等に関するアドバイス等を行うとともに、6次産業化・地産地消法に基づく「総合化事業計画」の作成支援及びその認定後のフォローアップ等を行います。

北海道経済産業局(2016年4月8日)

人を惹きつける製品を生み出すために~ デザインマネジメント活用事例集を発刊しました ~

経済産業省北海道経済産業局は、この度デザインマネジメント活用事例集「attraente※」を発刊しました。(A4版・24頁・1,500部・無料)  本冊子では、実質的な開発に入る前に製品のコンセプトを検討・設定し、設計や販売戦略に反映させることで、一貫性を持って製品開発を行う「デザインマネジメント」の実践事例や、この手法を活用した製品開発を支援するプロデューサーの仕事を紹介しています。

北海道立総合研究機構(2016年3月24日)

「チャレンジ北海道産100%プロジェクト」を立ち上げました

このたび北海道立総合研究機構では、北海道で生産・製造された原材料のみを使用し、北海道内で製造された「北海道産100%」の食品づくりにチャレンジしている企業やチャレンジしようとしている企業を支援するため、「チャレンジ北海道産100%プロジェクト」を立ち上げました。

北海道経済産業局(2016年3月23日)

「地域団体商標事例集2016」を発刊しました~道内27件、全国587件の地域ブランドを掲載~

特許庁では、この度「地域団体商標事例集2016」を作成しました。本書は、平成27年12月までに登録された、道内27件を含む全国587件の地域団体商標の特徴やその活用事例、また平成27年6月からスタートした地理的表示制度との比較等を掲載しています。

北海道立総合研究機構(2016年1月26日)

道総研 第1期成果集「ほっかいどうの希望をかたちに!」を作成しました

道総研は、平成22年(2010年)4月に、それぞれが長い歴史を持つ22の道立試験研究機関を統合して発足し、農業・水産業・林業・工業・食品加工・環境・地質・建築の8分野について、北海道に根ざした総合研究機構として研究開発に取り組んでいます。発足から5年、第1期中期計画期間(平成22~26年度)の終了に伴い、第1期の主要な研究成果をまとめた成果集「ほっかいどうの希望をかたちに!」を作成しました。

トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

2016年7月9日〜9月25日

第2回特別展「ジオパークへ行こう!-恐竜、アンモナイト、火山、地球の不思議を探す旅ー」(札幌)

「なぜ、北海道からは恐竜やアンモナイトの化石が出てくるの?」 「どうやって火山は噴火するの?」 「どうして、この花はここにだけ咲いているの?」 「石炭のまちができたのはなぜ?」 みなさんは、こんなギモンをもったことはありませんか? これらの謎を解き明かしてくれる場所が、「大地の公園・ジオパーク」 。この特別展では、道内5か所にあるジオパークとともに北海道の自然・歴史・文化の魅力にせまりながら、地球の不思議を探す旅に出ます。

2016年8月25日〜26日

イノベーション・ジャパン-大学見本市(東京)

JSTは8月25日と26日の両日、東京・有明の東京ビッグサイトで、大学の研究成果の展示会「イノベーション・ジャパン2016-大学見本市」を開催します。本イベントは今年で13回目となる国内最大規模の産学マッチングイベントであり、JSTがえりすぐった大学等の研究成果の展示に加え、大学見本市出展者が5分程度で技術内容を紹介する「JSTショートプレゼン」を分野別に実施します。

2016年8月25日〜26日

JSTフェア2016(東京)

「未来の産業創造」を目指した、200を超えるJST発の研究開発成果が一堂に会します。将来の社会・経済に貢献する革新的基礎研究事例や産学連携成果による製品化事例などを体験型展示形式にてわかりやすくご紹介します。また、JSTの事業担当者が会場内に常駐し、企業向けの支援事業制度等のご紹介や各種ご相談にも応じます。

2016年8月26日

食・バイオ関連企業向けセミナー 「品質管理認証を企業戦略に活かす」(札幌)

食産業のグローバル化がますます進むなか、競争力を維持・向上させるためにはHACCPやFSSC2200を取得する重要性が高まっています。商品の安全のための取組みをブランド力の向上へつなげていくために何をすべきか、手がかりとなるお話しを講師の方々よりご提供いただきます。

2016年9月2日

「クラウドファンディング活用促進セミナー」(函館)

地域づくり活動のための資金を調達する手法として注目されているクラウドファンディング制度について具体的な活用ノウハウや事例の紹介、また、実施を検討している団体等の相談に応じるため、標記セミナーを道内各地域で開催致しますので、是非ともこの機会にご参加下さい。

2016年9月2日

「プロフェッショナル人材活用セミナー」 in 旭川

公益財団法人北海道中小企業総合支援センターでは、北海道から「北海道プロフェッショナル人材センター運営事業」を受託し、「北海道プロフェッショナル人材センター」を設置して、新たな商品・サービスの開発、その販路の開拓や生産性の向上などの取組を通じて企業の成長戦略の具現化をリード又はサポートするプロフェッショナル人材の活用を促し、その採用を支援しています。本セミナーでは、株式会社エーデルワイスファーム代表取締役社長 野崎 創氏をお迎えし、プロフェッショナル人材の活用法について自社の実例に基づいてお話しいただきます。

2016年9月5日

平成28年度ものづくり産業支援事業 合同講演会(旭川)

旭川機械金属工業振興会,旭川工業高等専門学校 産業技術振興会、旭川商工会議所では、地域ものづくり産業の活性化に向けた取組の一環として標記講演会を開催いたします。講師には、40年で2万社以上の「ものづくりの現場」を見つめてきた関 満博 氏(明星大学 経済学部 教授)をお招きし、各地域で活躍している地域中小企業の取組についてご講演頂きます。

2016年9月5日

アセアン知的財産セミナー(札幌)

近年、アセアン地域では北海道ブランドの浸透が進み、海外展開先として注目が集まっています。その反面、「ニセモノが出てしまった」「自社ブランドを無断で使用されている」など、知的財産にかかるトラブルが起こることもあります。本セミナーではジェトロバンコクの知的財産部長が、注目の集まるアセアンでビジネス展開するうえでの知的財産権保護の重要性、各国ごとに異なるアセアン地域の知財制度の特徴等、基礎的な内容から分かり易く解説します。合わせて、ご利用いただける支援策も紹介します。

2016年9月6日

「クラウドファンディング活用促進セミナー」(網走)

地域づくり活動のための資金を調達する手法として注目されているクラウドファンディング制度について具体的な活用ノウハウや事例の紹介、また、実施を検討している団体等の相談に応じるため、標記セミナーを道内各地域で開催致しますので、是非ともこの機会にご参加下さい。

2016年9月6日

海外展開セミナー(札幌)

経済産業省北海道経済産業局及び(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)北海道では、企業等が海外展開に取り組む際の参考にしていただくため「海外展開セミナー」を開催します。本セミナーでは、平成28年版通商白書から、我が国全体の対外経済関係の現状や農林水産物・食品輸出など地域での取組事例を紹介します。また、TPPの特恵関税の活用に向けた関税制度と原産地規則に関する解説や各支援機関の海外展開支援制度等についても紹介します。

2016年9月7日

「クラウドファンディング活用促進セミナー」(中標津)

地域づくり活動のための資金を調達する手法として注目されているクラウドファンディング制度について具体的な活用ノウハウや事例の紹介、また、実施を検討している団体等の相談に応じるため、標記セミナーを道内各地域で開催致しますので、是非ともこの機会にご参加下さい。

2016年9月7日

海外展開セミナー(帯広)

経済産業省北海道経済産業局及び(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)北海道では、企業等が海外展開に取り組む際の参考にしていただくため「海外展開セミナー」を開催します。本セミナーでは、平成28年版通商白書から、我が国全体の対外経済関係の現状や農林水産物・食品輸出など地域での取組事例を紹介します。また、TPPの特恵関税の活用に向けた関税制度と原産地規則に関する解説や各支援機関の海外展開支援制度等についても紹介します。

2016年9月8日

産総研北海道センターワークショップ 『産総研がねらう農業イノベーションへの橋渡し』(札幌)

北海道における主産業である一次産業においては、人手不足・後継者不足は顕著となっています。この解決のために必要な技術の一つは、「スマート農業」と呼ばれる農作業の機械化、自動化、ロボット化等による省力化と効率向上です。また、農作物や水産物の選別や加工の過程においても同様に機械化、自動化が求められてきています。このような背景の下、産総研が関わる技術を産学官連携により一次産業に活用することにより、画期的なイノベーションに繋がることが期待されます。そこで、一次産業の機械化・高度化に関わるオール産総研としての技術紹介ならびに北海道における推進例を紹介し、農業イノベーション推進に貢献したい所存です。

2016年9月9日

「クラウドファンディング活用促進セミナー」(稚内)

地域づくり活動のための資金を調達する手法として注目されているクラウドファンディング制度について具体的な活用ノウハウや事例の紹介、また、実施を検討している団体等の相談に応じるため、標記セミナーを道内各地域で開催致しますので、是非ともこの機会にご参加下さい。

2016年9月14日

HoPE9月例会(札幌)

HoPEの9月例会は、情報未来研究会例会を兼ねて開催します。国内外のクリエイティブ産業を横断する札幌独自の大規模な国際コンベンション「No Maps」実行委員長である伊藤氏をお迎えし、札幌そして北海道の未来についてお話をいただきます。

2016年9月15日

第24回北大ビジネス・スプリングセミナー(札幌)

平成28年9月15日(木曜)、第24回 北大ビジネス・スプリング セミナーを開催致します。また、同時開催として デザイン相談会(相談無料)を実施いたします。セミナー終了後、ワンコイン懇親会も開催します。

2016年9月16日

食品加工ロボット開発・導入促進セミナー(札幌)

海道の基幹産業である一次産業の加工現場では、少子高齢化による人手不足が深刻な問題となっており、また、製品の高付加価値化・低コスト化が求められています。経済産業省北海道経済産業局では、この様な課題に対応し、加工作業の省力化・生産性向上に資する食品加工ロボットのニーズが年々高まっていることから、食品加工ロボットを取り巻く最新の動向や、開発事例の紹介を中心としたセミナーを開催します。

2016年9月20日

札幌商工会議所 創立110周年記念フォーラム『これからの100年「人を呼ぶまち・さっぽろ」であり続けるために』(札幌)

当所は今年、創立110周年を迎え、『これからの100年、「人を呼ぶまち・さっぽろ」であり続けるために』をテーマに記念フォーラムを開催いたします。これからの「創造都市さっぽろ」を創り出すために、各界の著名な講師をお招きし、様々な角度からご提言を頂きます。入場無料です。

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

2016年6月1日〜2016年8月26日

「NEDO TCP(Technology Commercialization Program)2016」に係る募集について

NEDO Technology Commercialization Program(以下TCP)は、技術を基に起業して事業を大きく拡大させたいと考えている起業家、起業家予備群、起業意識のある研究者等を支援するためのプログラムです。 •技術シーズの事業化に関心を有する国内の大学・研究機関等に在籍する教職員や学生であって、将来起業することを視野に入れている方 •企業における研究や新規事業のスピンアウトを考えている方、既にスピンアウトした方・企業 •その他スタートアップ段階にある技術系ベンチャー企業 等を募集しています。

2016年8月1日〜2016年8月31日

平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(CO2削減ポテンシャル診断推進事業)のうち低炭素機器導入事業に係る2次公募

環境省では、CO2 削減ポテンシャル診断のガイドラインを昨年度末に改定したところであり、これに基づくCO2 削減ポテンシャル診断の実施や、その結果に基づく設備機器の効率的な運用や低炭素機器の導入を支援しております。それらの支援のうち、低炭素機器導入事業の対象事業所の2次公募を開始します。 【事業概要】 低炭素機器の導入や運用改善等の対策を実施することで、二酸化炭素の年間排出量を10%以上削減できる事業者を支援します。. 【補助金交付額】 中小企業者:補助対象経費の2分の1. それ以外:補助対象経費の3分の1(上限額3,000万円)

〜2016年8月31日

札幌型環境・エネルギー技術開発支援事業(2次募集)

本事業は、公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)が札幌市からの補助事業(札幌型環境・エネルギー技術開発支援事業補助金)を活用して、新たな需要の創出や市場の拡大が期待される「環境・エネルギー分野」に取組む市内企業者等を支援(補助)するものです。

2016年8月8日〜2016年9月2日

平成28年度 札幌スタイル認証製品を募集します

札幌スタイル認証とは、札幌の風土を暮らしの中に活かしながら、生活や気持ちをもっと豊かにする楽しさ、暖かさ、面白さ、新しさ、美しさを持った製品を発掘し、「札幌スタイル」製品として認証し、挑戦する企業のプロモーションと販路拡大を図る認証制度です。札幌スタイルの認証基準は「札幌らしさ」があるかどうか。メリハリのある季節も、このまちの「らしさ」です。 今年度は「長い冬」「短い夏」を楽しめる製品を重点的に募集します。

2016年8月10日〜2016年9月2日

「パッケージデザイン展2016」デザイン対象商品の公募

商品の魅力を「最大限」に伝えるためには、デザインの戦略的活用が有効とされています。そのためには、デザイン等を知的財産として認識し、権利保護することも重要です。北海道経済産業局では、昨年度に引き続きパッケージデザイン展を開催します。道内から商材を募集し、全国のデザイナー・学生等からデザインを募集したうえで、優秀作品等を選定・表彰します。

2016年7月29日〜2016年9月9日

平成27年度補正予算「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」3次公募

(一社)環境共創イニシアチブ(略称:SII)では、既築の工場・事業場等における既設設備の置き換えや、エネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入することで、事業活動の生産性を高めるとともに省エネルギーを促進する事業について支援を行う「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」の3次公募を平成28年7月29日(金)から開始します。

2016年8月8日〜2016年9月9日

平成28年度中小企業等外国出願支援事業(2次募集)

(公財)北海道中小企業総合支援センタ ーでは、海外特許出願等に取り組む道 内中小企業者等を支援する中小企業等外国出願支援事業 (特許庁 ・北海道経済産業局事業 )の平成28年度2次募集を次のとおり実施します。

2016年4月18日(月)〜2016年9月21日(水)

平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金(エネルギーシステムモデル構築事業)公募及び公募説明会の開催について

民間事業者や地方公共団体等が、地域の実情に根ざした地産地消のエネルギーシステムのモデル構築に係る設備導入に要する経費の一部を補助(補助率:自治体との共同申請2/3以内、民間主導1/2以内)することにより、地産地消型のエネルギーシステムの加速的な導入・普及を促進し、システム構築に関するノウハウの共有化及び他地域への展開を図ることを目的としています。

2016年7月26日〜2016年9月26日

『第9回 機能性「素材・食品・化粧品」ビジネスマッチング in 札幌』参加企業の募集

経済産業省北海道経済産業局では、『第9回 機能性「素材・食品・化粧品」ビジネスマッチング in 札幌』の参加企業を募集しています。当イベントは、全国唯一、「機能性」に特化したマッチング商談会で、北海道から沖縄まで全国各地の素材開発、健康食品・サプリメント製造企業、化粧品製造企業など「売りたい企業」とドラッグストア、通販会社、商社など「買いたい企業」が幅広く集結します。事前に商談設定や企業間の情報交換を行い、当日の具体的な商談につなげることが特徴で、成約件数も年々増加しています。

〜2016年10月7日

「北海道なでしこ応援企業表彰」表彰企業の募集

北海道では、女性の職業生活における活躍や労働者の仕事と家庭の両立を支援するため、育児・介護休業制度等の取組を積極的に推進している企業を募集しています。ご応募及びご推薦いただいた企業の中から優れた企業を、「北海道なでしこ応援企業」として表彰し、広く道民に紹介します。

2016年8月15日〜2016年10月14日

北海道中小企業応援ファンド事業(第2回募集)

(中小企業競争力強化促進事業/地域資源活用型新産業創出支援事業/産業クラスター形成促進事業) 北海道中小企業応援ファンドは、(独)中小企業基盤整備機構、北海道、道内の金融機関及び産業支援機関が資金を拠出して組成したファンドです。当センターは、このファンドの運用益を活用して、道内における新たな産業の創出や事業化を支援するため、平成28年度北海道中小企業応援ファンド事業の募集を次のとおり実施します。

2016年10月1日〜2016年10月20日

新技術開発助成(第二次募集)

新技術開発財団は広く科学技術に関する独創的な研究や新技術を開発し、これを実用化することによって我が国の産業・科学技術の新分野等を醸成開拓し、国民生活の向上に寄与することを目的としています。 当財団の助成は「独創的な新技術の実用化」をねらいとしており、基本的技術の確認が終了し、実用化を目的にした開発試作を対象にしています。

2016年8月1日〜2016年10月31日

平成28年度北洋銀行ドリーム基金研究開発助成金

当基金は、1989年札幌銀行が普通銀行に転換したのを記念して設立され、北海道の中小企業の皆さまが行う新技術・新製品の研究開発に対する助成を行い、道内企業の振興と企業の育成を通して北海道経済の発展と産業構造の改善に寄与することを目的としています。2016年度のお申込み受付は、平成28年8月1日(月)~10月31日(月)となっております。今年度も地域資源を活用した研究開発を強化するため、10件の研究開発を助成する予定です。 (1研究開発、最高限度100万円)

2016年8月15日〜2016年11月14日

北海道中小企業応援ファンド事業(加速的創業促進支援事業)-第2回募集

北海道中小企業応援ファンドは、(独)中小企業基盤整備機構、北海道、道内の金融機関及び産業支援機関が資金を拠出して組成したファンドです。当センターは、このファンドの運用益を活用して、道内における新たな産業の創出や事業化を支援するため、平成28年度北海道中小企業応援ファンド事業(加速的創業促進支援事業)の募集を次のとおり実施します。

2016年6月1日〜2017年1月20日

平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(中小事業者による排出量算定・排出量削減のための環境経営体制構築支援事業)の公募について

本事業は、温室効果ガス排出削減について、環境経営の専門家が事業所へ直接赴き、事業特性や地域特性に応じたきめ細かい支援を行い、環境経営のノウハウが少ない中小事業者においても無理なく継続的に取り組めるように支援し、こうした支援等に要する費用を補助するものです。

2016年4月11日〜2017年1月31日

平成28年度民生用燃料電池(エネファーム)導入支援補助金の公募

(一社)燃料電池普及促進協会では、民生用燃料電池(エネファーム)の普及促進のため、購入費用・設置工事費用の一部を補助する「民生用燃料電池(エネファーム)導入支援補助金」の公募を4月11日(月)から開始しました。

2016年5月17日〜2017年3月16日

平成28年度省エネルギー型建設機械導入補助事業の募集

(一財)製造科学技術センターでは、建設現場等で使用される省エネルギー型建設機械の普及促進、市場活性化及び一層の省エネルギー性能の向上等を支援し、低炭素社会の実現に資することを目的とした、「平成28年度省エネルギー型建設機械導入補助事業」の募集を5月17日(火)から開始しています。

公募情報一覧をみる

お問い合わせ

ご相談のお申込み

施設利用のお申込み