技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。

知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。

研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。

地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。

人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。

産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・


2022年1月26日

「技術と標準化について」 ~よくわかる標準化のイロハ:自社の競争力強化に向けた第一歩~ 第3回「中堅・中小企業等のための標準化支援制度」

「社会情勢が激変する中、海外に出るなら標準化」というけれど、
具体的にはどうするの?

 国が標準化を応援する「新市場創造型標準化制度」の話を中心に、標準化について、どう考え、どう作っていけばいいのか等、標準化の基礎から実用までを専門家が解説します。
 さっと見られる4回シリーズのショートムービー形式で配信します。
 皆様の聴講をお待ちしております。

詳細情報・お申し込み

TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

HiNT ショートムービーセミナー 「技術と標準化について」 ~よくわかる標準化のイロハ:自社の競争力強化に向けた第一歩~ 標準化セミナー(オンライン:4回シリーズ)のご案内

「社会情勢が激変する中、海外に出るなら標準化」というけれど、 具体的にはどうするの?  国が標準化を応援する「新市場創造型標準化制度」の話を中心に、標準化について、どう考え、どう作っていけばいいのか等、標準化の基礎から実用までを専門家が解説します。  さっと見られる4回シリーズのショートムービー形式で配信します。  皆様の聴講をお待ちしております。

北海道職業能力開発大学校「能力開発セミナー」12月~2月のご案内

企業の生産現場で働く在職者が抱える課題解決のため、生産性の向上や業務の改善、新たな製品の創造に必要な専門的知識や技能・技術を習得する在職者訓練(能力開発セミナー)を実施しています。 ★令和3年度12月~2月開催予定のセミナーの受講者を募集しています。是非、ご活用ください。

「北洋銀行ものづくりテクノフェア2021 online」開催中

道内の優れた技術や製品を有するものづくり関連企業・団体を「Webサイト」上で紹介しておりますので、従来の展示型商談会ではご来場が難しかった企業・団体様にも手軽に閲覧いただけます。今回は、近年関心が強くなっているDX実現に貢献するIT・AI関連の最先端技術や、カーボンニュートラル・脱炭素社会の実現に寄与する環境・エネルギー分野の技術を有する企業のほか、北海道のロケット産業や道内中小企業を支援する団体等、ものづくりに関連する幅広い分野の企業・団体をご紹介しています。さらに、参加企業の事業・製品が、「SDGs」の17の目標のうち、どの目標に貢献するかを示しているのが特徴です。

「人材確保」応援サイト!を開設しました

経済産業省北海道経済産業局では、道内中小企業の人材確保を目的に、セミナーやマッチングのイベントを開催しています。この度、人材確保のためのイベントを紹介する情報発信用専用サイトを開設しました。本サイトでは、開催予定のイベントスケジュールのほか、イベント概要を企業向け、求職者向けに分けて情報発信を行います。現在参加受付中のイベントがありますので、ぜひご覧ください。

中小企業のテレワーク導入 総務省がサポートします!

総務省ではテレワークを積極的に活用をしていただくためのポータルサイトを開設しました。テレワークは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であり、「人口減少時代における人材確保」や「地方創生」に寄与し、新型コロナウイルス感染症の予防対策としても有効な手段です。テレワークは「働き方改革」の切り札でもあります。北海道総合通信局は、今後も北海道のテレワークの普及促進のため、導入支援を行っていきます。

令和3年度 北海道知的財産支援ガイドを作成しました

北海道知的財産戦略本部(事務局:北海道経済産業局、北海道)では、この度「令和3年度 北海道知的財産支援ガイド」を作成しました。本ガイドは、29構成機関の知的財産に関する支援施策を一冊にまとめ、道内 の中小・ベンチャー企業の方に役立つ知的財産の支援情報をワンストップで提供しています。

2021年度「中小企業向け “使える!” 経済産業省支援メニューガイドブック」

北海道経済産業局では、中小企業の設備投資や国内外向け販路開拓等をサポートするため、2021年度予算事業を中心とした「中小企業向け“使える!”経済産業省支援メニューガイドブック」を作成しました。また、主な支援メニューの説明を、動画によりmetichannel(動画共有サイトYoutube)で公開しました。

METIオンラインジャーナル

世界の話題から身近なテーマまで経済産業の”なるほど”が集まるウェブマガジンです。


トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

【オンライン】令和3年度寒地土木研究所講演会

寒地土木研究所講演会は、積雪寒冷地域における土木技術の研究開発及び成果等についてより多くの方々にご紹介することを目的に毎年開催しております。第35回を本年度は基調講演に、高知工科大学 経済・マネジメント学群 教授の渡邊 法美氏をお招きし「土木事業におけるリスクマネジメント」と題してご講演を頂きます。また、一般講演として、当研究所の寒地道路保全チーム丸山記美雄上席研究員が「様々なリスク要因に対応する寒冷地舗装技術の開発」を、防災地質チーム倉橋稔幸上席研究員が「北海道海道における斜面災害の発生要因とリスクへの対処方法について」を、つくば中央研究所から阿南修司地質研究監が「地質・地盤リスクにONE-TEAMで対応する」-地質・地盤リスクマネジメントの導入と運用-と題し研究活動のご紹介を行います。

【オンライン】「中堅・中小企業等のための標準化支援制度」 ~よくわかる標準化のイロハ:自社の競争力強化に向けた第一歩~(4回シリーズ 第3回)

「社会情勢が激変する中、海外に出るなら標準化」というけれど、具体的にはどうするの?国が標準化を応援する「新市場創造型標準化制度」の話を中心に、標準化について、どう考え、どう作っていけばいいのか等、標準化の基礎から実用までを専門家が解説します。さっと見られる4回シリーズのショートムービー形式で配信します。皆様の聴講をお待ちしております。

【オンライン】札幌市立大学・道総研 共同セミナー『知活ゼミナール2021」

札幌市立大学と道総研が連携して、地域と一緒に知(ち)を活(い)かす共同セミナー『知活(ちいき)ゼミナール2021」を開催します。今回は、昨年も好評だった「意外と知らない身近なモノ」をテーマに、日本古来の贈答文化である「水引」や、身近に潜む特定外来生物「アライグマ」について、YouTube配信による講座形式で紹介します。

【オンライン】蓄電池システムの安全性評価に関するNITE講座

カーボンニュートラルを目指す上で不可欠な蓄電池システムを今後も安全に使用していくためには、蓄電池システムの安全性に関する規格に基づいた試験を適切に行い、評価していくことがとても重要です。本講座では、NITEが所有する”屋内型大型蓄電池システム評価施設(NLAB)”で実施可能な安全性試験の紹介、世界初の定置用大型蓄電池システムの国際規格の概要、及びその背景となる考え方など、蓄電池システムの安全性評価に関する包括的な情報を紹介します。

【オンライン】「生産性向上ロボット導入・活用セミナー」

近年、人手不足の深刻化や生産性向上への期待から、道内中小企業において産業用ロボットに対する関心が一層高まっています。こうした中、工業試験場では、食品加工企業に対するロボット導入の担い手 ( SIer ) を育成するため 、 場内に “ 食品ロボット実証ラボ(ROBOLABO)”を開設しました。本セミナーでは、道総研でのロボットに関する取り組み事例紹介の後、金沢大学の渡辺教授を招き、柔軟物の把持や対象物の高速把持が可能な様々な種類のロボットハンドについての最新の研究事例についてご紹介いただきます。<申込締切:1月26日(水)>

【オンライン】「新市場創造型標準化制度の活用及びその期待効果」 ~よくわかる標準化のイロハ:自社の競争力強化に向けた第一歩~(4回シリーズ 第4回)

「社会情勢が激変する中、海外に出るなら標準化」というけれど、具体的にはどうするの?国が標準化を応援する「新市場創造型標準化制度」の話を中心に、標準化について、どう考え、どう作っていけばいいのか等、標準化の基礎から実用までを専門家が解説します。さっと見られる4回シリーズのショートムービー形式で配信します。皆様の聴講をお待ちしております。

【オンライン】札幌市立大学・『2021年度SCU産学官金研究交流会』

札幌市立大学では、デザインと看護それぞれの専門分野の特色を生かした研究成果を生み出しており、今後はデザインと看護をAIが下支えする研究に取り組んでいきます。これまでの研究成果や今後取り組む研究を、市民の皆様や産業界に広く紹介し、本学の研究への理解を深めていただくとともに、新規産業の創出支援や製品化へのマッチングを目的として、SCU産学官金研究交流会を開催します。2021年度第11回目の研究交流会は、昨年度に引き続き新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、本学教員の研究発表をSCU-TV(YouTube)にて、オンライン配信いたします。

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

旭川市 新製品等開発・研究促進補助金

企業等の皆様の製品開発及び研究に必要な経費に対して補助する「新製品等開発・研究促進補助金」の補助対象事業を募集しています。この補助金では、様々な製品作りに向けた企画や設計から試作開発までに要する経費について、研究開発費も含めて補助の対象としています。

旭川市 地域未来投資促進補助金

旭川市では、地域の中核的な企業による製品開発や販路開拓等に必要な経費に対して補助する「旭川市地域未来投資促進補助」の補助対象事業を募集します。この補助金では、地域中小企業等の企画・研究、デザイン開発、製品開発、販売促進活動までに要する経費について、補助の対象としています。

公募情報一覧をみる

お問い合わせ・相談申し込み

相談担当者スケジュール

【会員限定】施設利用