技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。

知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。

研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。

地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。

人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。

産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・


北のものづくりサポーター

北海道の産学官連携の要になる人々を紹介します

  • 一般財団法人 旭川産業創造プラザ

    中川 敏史さん

  • 国立大学法人北海道大学

    城野 理佳子さん

  • 帯広畜産大学地域連携推進センター

    獣医学博士 田中 一郎さん、農学博士 藤倉 雄司さん

  • 北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場

    八鍬 明弘さん

  • 北海道立工業技術センター

    小西 靖之さん

  • 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

    佐々木 淳さん

  • 十勝圏振興センター

    飛川 剛さん

  • 社団法人 北見工業技術センター運営協会

    進藤 覚弥さん

  • 釧路工業技術センター

    原田 隆行さん

TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

能力開発セミナーのご案内

2019年12月25日 /北海道職業能力開発大学校

令和元年度1~3月実施予定のセミナーのご案内です。北海道職業能力開発大学校では、在職者の方々を対象に、職業に必要な専門的な知識・技能の習得のための、比較的短期間(2~4日間程度)の...

続きを見る

中小企業向け“使える!”経済産業省支援メニューガイドブック

2019年5月14日 /経済産業省北海道経済産業局

北海道経済産業局では、中小企業の設備投資や国内外向け販路開拓等をサポートするため、「中小企業向け“使える!”経済産業省支援メニューガイドブック」を作成しています。ご活用ください。...

続きを見る

札幌市経済観光局 企業支援ガイドブックを公開しました。

2019年3月26日 /札幌市

札幌市経済観光局では、中小企業の新製品・新サービスの開発や、国内外向け販路開拓などをサポートするため、「札幌市経済観光局企業支援ガイドブック」を作成しています。また、経済観光局の企...

続きを見る

事例から学ぶ 商標活用ガイドを発行しました

2019年3月20日 /経済産業省北海道経済産業局

特許庁では、商標に特化した初の活用事例集「事例から学ぶ 商標活用ガイド~ビジネスやるなら、商標だ!~」を初めて作成しました。この活用ガイドは、商標だけに着目し、ビジネス目線で掘り下...

続きを見る


トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

「パッケージデザインコンテスト北海道 2019」展示会・表彰式&トークショー(札幌)

デザイナーと商材企業による審査を経て、313点の中から受賞作品を選定しました。展示会では、受賞作品をはじめ、全国からご応募いただいた作品を展示し、初日の表彰式では、優秀賞8作品の中から、栄えあるグランプリと準グランプリを発表いたします。
≪表彰式・トークショー≫
  場所:札幌文化芸術交流センター 2F SCARTSスタジオ
日時:2月29日(土)【表彰式】13:30~ 【トークショー】14:00~15:30

ZEB普及促進セミナー(札幌)

経済産業省北海道経済産業局ではエネルギー消費全体の約3割を占める民生部門の省エネ対策として、建築物の大幅な省エネを実現するZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の促進セミナーを開催します。本セミナーではZEB普及の展望や、導入の意義と効果について講演し、ZEBの普及促進を目指します。

移動工業試験場 in 函館

道総研 工業試験場では、道内中小企業の技術力の向上と地域産業の振興発展を図るため、函館地域産業振興財団のご協力をいただき、3月3日(火)に移動工業試験場を開催いたします。今回のテーマは「生産管理」です。「生産管理って何をしたらいいんだろう。」とお考えの方から「現在取り組んでいる生産管理をよ りよいものにしたい」といった方まで、皆様のお役に立てる内容となっております。
※開催中止となりました※

ドローンがもたらす空の産業革命セミナー2020(札幌)

経済産業省北海道経済産業局では、ドローンを活用した新たなビジネスモデルを検討されている企業を対象に、ドローンがもたらす「空の産業革命」セミナー2020を開催します。空の産業革命が目前に迫る中、本セミナーでは、小売・卸・物流分野を中心に、測量・施設点検等の分野も含めたドローン活用の最前線の情報・具体事例を紹介し、ドローン活用の最適地と言われる北海道における、新たなビジネスの可能性を探ります。

IoT/AIビジネス活用セミナー(札幌)

フュージョン株式会社の主催により、IoTやAIのビジネス活用の最新事例を中心に紹介し、参加者の方々が次のステップへ踏み出すきっかけとなることを目的としたセミナーです。

MeCCSセミナー~がん治療最前線!陽子線治療と産業の関係を探る~(札幌)

札幌商工会議所では、札幌が誇る最先端医療を核とした新たな産業集積を図るべく「Medical Cluster City Sapporo(MeCCS)構想(下記参照)」を提言し、その実現に向けて活動を行って参りました。この度、本構想をさらに推進するため、新たに「MeCCS推進会議」を立ち上げることとなりましたので、そのキックオフイベントとしてセミナーを開催いたします。最先端のがん治療である「陽子線治療」と、周辺産業との連携可能性を探る絶好の機会です。
※開催中止となりました※

SIer’s Day in 札幌

経済産業省北海道経済産業局では、FA・ロボットシステムインテグレータ協会との共催により、人手不足対策・生産性向上に課題を抱える企業を対象とした、SIer’s Day in 札幌を開催します。本セミナーでは、中小ものづくり・食品分野において、ロボット・IoT・AI等の最新技術を活用し生産性向上を実現した、国内の最新事例等を講演します。
※開催中止となりました※

HoPE3月例会(札幌)

エネルギーは与えられるもの?地域で創り出すもの?電力システム改革元年でもある2020年、中小企業にも関わる再生可能エネルギーと電力供給の課題や可能性を、この分野に詳しいお二人から報告頂きます。地域と企業の課題解決を、共に考えましょう。

小規模事業者のための「ITツール活用セミナー」(札幌)

経済産業省 中小企業庁委託事業「令和元年度IT活用向上に向けたIT普及実証調査事業」で、参加無料です。
ITアプリを使ってみたら仕事が変わる!会社が変わる!働き方が変わる!「ITツールって何?」「IT導入のメリットがわからない!」「なんの役に立つの?」そんな素朴な疑問にお答えしつつ、ITツールの必要性について理解を深めていただくためのセミナーです。

令和元年度 食品品質管理技術講習会 「味噌製造の基礎、注意すべきポイント」(江別)

近年、塩麹ブームや甘酒ブームなど日本の伝統発酵食品が注目されており、また、6次産業化が進む中、手作り味噌に取り組む事業者が増えてきております。そこで、道総研食品加工研究センターでは味噌製造の専門家を講師に招き、味噌製造の基礎、注意点についてご講演をいただくとともに、味噌製造での衛生管理の概要説明および当センターでの味噌研究の紹介を行います。<申込締切:3月13日(金)まで>

「北海道 都市開発・建設総合展2020」(札幌)

北海道の有効な資源を活かした地域振興に直結する複合型のビジネス展示会を目指し、このたび建設業界を対象とした 「北海道 都市開発・建設総合展2020」を同時開催します。

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

令和2年度地方発明表彰の募集

大正10年に開始した地方発明表彰は、実施されている優れた発明、考案又は意匠を生み出した技術者・研究開発者を顕彰するものです。昨年は、全国で1,420名の方が表彰されました。この表彰を通じてご自身の発明等を社会にアピールするチャンスです。(応募対象となる発明等は、特許、実用新案又は意匠登録され実施されていることが必要です。)
全国を8地方(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)に分けて実施しています。それぞれの地方から生まれた、優れた発明等を募集しています。

新技術開発助成(第1次募集)

市村清新技術財団は広く科学技術に関する独創的な研究や新技術を開発し、これを実用化することによって我が国の産業・科学技術の新分野等を醸成開拓し、国民生活の向上に寄与することを目的としています。 当財団の助成は「独創的な新技術の実用化」をねらいとしており、基本的技術の確認が終了し、実用化を目的にした開発試作を対象にしています。
助成金額は、一件につき最高2,400万円まで(試作費の4/5以下)です。
応募要件を満足する助成候補テーマは当財団に設けた新技術開発助成調査選考委員会および審査委員会で慎重かつ厳正に選考・審査され、理事会で決定します。

令和2年度サポイン事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)の公募

経済産業省北海道経済産業局では、令和2年度サポイン事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)の公募を開始しました。
本事業は、中小企業・小規模事業者が大学・公設試等と連携して行う、ものづくり基盤技術の高度化につながる研究開発やその事業化に向けた取組を最大3年間支援するものです。また、本事業の公募説明会を3月上旬に札幌市で開催します。
※本事業は、令和2年度予算の成立を前提としており、事業実施は国会での可決・成立後となります。

札幌市「新型コロナウイルス対応支援資金」

札幌市では、新型コロナウイルス関連肺炎の流行による影響を受け、厳しい経営環境に置かれている札幌市内の中小企業者等に対し、資金調達の円滑化と返済財源の負担軽減を図るため、「新型コロナウイルス対応支援資金」を創設しました。
【融資対象】新型コロナウイルス関連肺炎の流行により直接または間接の影響を受 け、原則として最近1か月間の売上高等が前年同月比10%以上減少し ており、かつその後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比10%以上減少することが見込まれる中小企業者等

公募情報一覧をみる

お問い合わせ

ご相談のお申込み

施設利用のお申込み