技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。

知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。

研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。

地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。

人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。

産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・


2021年7月28日〜8月27日

【オンライン】兼業・副業等による専門人材確保・活用推進セミナー

経済産業省北海道経済産業局では、これまでの業務、業態の見直し(事業再構築、生産性向上、DX等)やその取組のために必要な「専門人材」を、兼業・副業、テレワーク等の雇用形態を取り入れることによって確保・活用することを推進するためのセミナーをオンデマンド配信します。本セミナーでは、専門人材活用の最近の動向や、活用事例を紹介します。

TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

中小企業のテレワーク導入 総務省がサポートします!

総務省ではテレワークを積極的に活用をしていただくためのポータルサイトを開設しました。テレワークは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であり、「人口減少時代における人材確保」や「地方創生」に寄与し、新型コロナウイルス感染症の予防対策としても有効な手段です。テレワークは「働き方改革」の切り札でもあります。北海道総合通信局は、今後も北海道のテレワークの普及促進のため、導入支援を行っていきます。

北海道職業能力開発大学校「能力開発セミナー」8月~10月のご案内

企業の生産現場で働く在職者が抱える課題解決のため、生産性の向上や業務の改善、新たな製品の創造に必要な専門的知識や技能・技術を習得する在職者訓練(能力開発セミナー)を実施しています。 ★令和3年度8月~10月開催予定のセミナーの受講者を募集しています。是非、ご活用ください。

令和3年度 北海道知的財産支援ガイドを作成しました

北海道知的財産戦略本部(事務局:北海道経済産業局、北海道)では、この度「令和3年度 北海道知的財産支援ガイド」を作成しました。本ガイドは、29構成機関の知的財産に関する支援施策を一冊にまとめ、道内 の中小・ベンチャー企業の方に役立つ知的財産の支援情報をワンストップで提供しています。

2021年度「中小企業向け “使える!” 経済産業省支援メニューガイドブック」

北海道経済産業局では、中小企業の設備投資や国内外向け販路開拓等をサポートするため、2021年度予算事業を中心とした「中小企業向け“使える!”経済産業省支援メニューガイドブック」を作成しました。また、主な支援メニューの説明を、動画によりmetichannel(動画共有サイトYoutube)で公開しました。

METIオンラインジャーナル

世界の話題から身近なテーマまで経済産業の”なるほど”が集まるウェブマガジンです。

伴走型支援の手法で道内中堅・中核企業のコロナ下の変革・成長をサポート ~ 支援企業の取組事例を紹介 ~

北海道経済産業局は、道内経済を牽引する中堅・中核企業のコロナ下の変革・成長を支援するために、「伴走型支援事業」を2020年8月から開始しました。専門家、金融機関、行政で官民合同の支援チームを編成し、経営者と対話を重ね、経営課題の設定と解決策を共に考え、公的支援メニューもアレンジする手法です。2020年度は、当局が連携覚書を締結している旭川市、帯広市、室蘭市を重点地域として、試行的に17社の支援を実施しています。今般、支援企業の主な経営課題、対応事例、来年度事業の概要などをまとめた事業報告を以下のとおり、取りまとめましたので、お知らせします。


トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

確実に効果をあげるLP&動画プロモーション講座

世の中には多くのWebサイトが存在しますが、成功している企業に共通するものは?それは「効果を生み出すデザイン」です。そのツールとしてLP(ランディングページ)の活用が重要です。本セミナーでは様々な企業のプロモーションサポートの経験豊富な講師が、実際の成功事例を紹介しながら、いかにしてこのWithコロナ時代のなかで売上UPを叶えることができるかについて、丁寧に説明いたします。

【オンライン】人材確保促進セミナー~中途採用で未来のリーダーを確保する~

経済産業省北海道経済産業局では、道内の中小企業経営者等を対象に、30代40代の中途採用者(同業種未経験者や就職氷河期世代)の採用・活用・定着を目的としたセミナーをオンデマンド配信します。本セミナーでは、中途採用者の採用時の留意点や、採用後の職場定着につながる仕組み作り等について紹介します。なお、本セミナー配信終了後、道内中小企業と中途採用で正社員を目指す方を対象に合同企業説明会を開催します。

「食×映像」マッチングフェス in 札幌

映像の力で、北海道の食品を海外へ!<br> 一般財団法人さっぽろ産業振興財団では、道内の食関連事業者の“映像活用”を促進するため、札幌市内の映像制作事業者との接点を得る出会いの場として『「食×映像」マッチングフェスin札幌』を開催いたします。色々な制作会社の活動内容や実績を一度に知ることができ、気になる会社にはブースにて個別に話を聞くことも可能です。また映像制作に活用できる助成金紹介のほか、各種海外販路支援のご案内もいたします。<申込締切:7月20日(火)まで>

【オンライン】人材確保促進セミナー~中途採用で未来のリーダーを確保する~

経済産業省北海道経済産業局では、道内の中小企業経営者等を対象に、30代40代の中途採用者(同業種未経験者や就職氷河期世代)の採用・活用・定着を目的としたセミナーをオンデマンド配信します。本セミナーでは、中途採用者の採用時の留意点や、採用後の職場定着につながる仕組み作り等について紹介します。

【会場&オンライン】2021航空機関連産業参入促進セミナー

今回のセミナーでは、大手発注企業の皆さんが重視する「生産管理」「品質保証」に焦点を当て、航空機部品の製造経験が無い企業の皆様にも分かりやすく解説します。海外旅行が激減したことによる需要落ち込みをご心配の方も、ご安心下さい。コロナ禍後の民間旅客機需要の回復予測についても最新版で、解説します!航空機産業に長年携わる大手重工メーカーOBの方を講師にお迎えして、北海道内ではなかなか、聞こえて来ない話の数々を伺います。貴重なヒントや、アイディア満載の内容です。道内ものづくり企業の皆様のご参加をお待ちしています。

【会場&オンライン】HoPE8月例会

4月の気候サミットを機に、 脱炭素化に向けた 世界各国の取り組みは加速し、政府も 2030 年度の温室効果ガスの排出削減目標を 2013 年比 46% へと 大幅に 引 き 上 げました 。気候変動対策は、まさに待ったなしの課題です。そこ でHoPE では「新たな世界で生き残る企業に必要な情報アップデート講座 partⅡ 」として、 脱炭素化に向けて求められて いる課題や、中小企業と 地域 の可能性 をシリーズで学びます。初回は、地域新電力支援、環境・まちづくり事業支援に 取り組む稲垣憲治氏を報告者に迎え、地域共生と再生可能エネルギー をキーワードに、 北海道の可能性 を考えます。<申込締切:8月4日(水)まで>

【オンライン】テレワークセミナー(システムとセキュリティ編)

テレワークは新型コロナウイルス感染防止対策のみならず、BCP(事業継続計画)の1つの手法であり、働き方改革など、アフターコロナにおける魅力ある企業作りに貢献出来る手段でもあります。北海道管内の企業等を対象としたオンラインセミナーを6月から実施します。テレワーク導入に関するシステムとセキュリティ及び労務管理等について、専門家がご説明します。<申込締切:各5日前まで>

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

「新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」第2回公募(予告)

技術の事業化までのステップや事業化計画の進捗状況に合わせて、2つの制度(新エネ中小・スタートアップ支 援制度、未来型新エネ実証制度)及び6つのフェーズ(社会課題解決枠フェーズA及びB、新市場開拓枠フェーズ α及びβ、フェーズC、フェーズD)を設け、中小・スタートアップ企業等による再生可能エネルギー普及に資す る事業のご提案を公募・選定し、事業化を見据えた技術開発支援を行います。

「官民による若手研究者発掘支援事業」第3回公募(予告)

本事業は、実用化に向けた目的志向型の創造的な基礎又は応用研究を行う大学等に所属する若手研究者を発掘し、若手研究者と企業との共同研究等の形成を促進する等の支援をすることにより、次世代のイノベーションを担う人材を育成するとともに、我が国における新産業の創出に貢献することを目的として実施します。

IT利活用促進事業費補助金

自社の経営課題の解決に向けてIT利活用に取り組む中小企業に対し、必要な費用の一部を補助いたします。社内業務の効率化や利便性向上、企業価値向上や競争力強化に結びつくITツールを導入しませんか。

令和3年度 異能vation「破壊的な挑戦部門」「ジェネレーションアワード部門」

総務省では、奇想天外でアンビシャスな技術課題に失敗をおそれずに挑戦する人(通称:へんな人)を支援する「異能vation」プログラムを平成26年度から実施しています。本プログラムでは、人工知能でもできる「既知の正解を探し出す力」よりも、「これまでにない(=人工知能には予想もつかない)課題を発見し未来を拓く力」で「何もない0のところに新たな1を創造する」ことに好奇心を持って取り組む方々の「挑戦」を支援しています。

令和3年度「小規模企業向け製品開発・販路拡大支援事業補助金」2次募集

さっぽろ連携中枢都市圏域内の小規模企業向けの製品開発に関する取り組みに対し、財政的支援を行い、小規模企業の付加価値向上を促進するとともに、ものづくり産業の振興を図ることを目的として『小規模企業向け製品開発・販路拡大支援事業』を実施しております。当初の募集は5月28日で終了しておりますが、予算上限に達しなかったため2次募集を実施いたします。

令和元年度補正・令和2年度補正 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(一般型・グローバル展開型)(7次締切分)

全国中小企業団体中央会は、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する、ものづくり補助金の公募を開始しました。なお、一般型では、新型コロナウイルスの影響を乗り越えるため前向きな投資を行う事業者に対して、通常枠とは別に補助率を引き上げた「新特別枠(低感染リスク型ビジネス枠)」を設け、優先的に支援します。

2021年度「夢づくり・ものづくり支援事業助成金」募集

道北地域において“ものづくりに意欲のある企業”の新製品・新技術開発から販路拡大を応援する助成事業です。 助成金の支出以外にも、専門家の派遣支援や各種支援制度の紹介などのきめ細かい総合的なサポートを行います。<br> ■応募資格:道北地域(上川・留萌・宗谷)に主たる事業所を有し、6か月以上事業を行っている中小企業者(個人事業主を含む)・中小企業グループ(共同研究グループを含む)のいずれか。

「“NoMaps Dream Pitch”2021」ビジネスプラン募集

経済産業省北海道経済産業局では、技術シーズや斬新なアイディアを基に事業化を目指す起業家・スタートアップ企業から、“NoMaps Dream Pitch 2021”で発表するビジネスプランを募集します。一次審査通過者は、本ピッチコンテストに向けて、集合研修や専門家によるプレゼン指導等を受けることができます。また、優秀チームには、東京で開催される全国規模のピッチコンテストへの参加の機会等を提供します。

公募情報一覧をみる

お問い合わせ・相談申し込み

相談担当者スケジュール

【会員限定】施設利用