技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。

知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。

研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。

地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。

人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。

産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・


2020年1月20日

HiNTセミナー2019-5「「標準化セミナーin釧路」 を開催します。

「標準化」の重要性が増し、「新市場創造型標準化制度」も創設されたことから、「標準化」に関する講演会を企画しました。
<<講演1>>「標準化の重要性と新市場創造型標準化制度~水産業への応用等について~」
(講師)日本規格協会 標準化アドバイザー 渡邉 道彦 氏
<<講演2>>「生鮮魚介類及び水産加工品の鮮度・品質保持など」            
(講師)地方独立行政法人北海道立総合研究機構 釧路水産試験場 加工利用部 部長 蛯谷 幸司 氏

新興国の台頭、AIやIoT等の技術の進展、業種を超えた製品・サービス提供の拡大など、企業の競争環境は劇的に変化しています。そのような状況にあって、日本企業による市場の創出や競争力強化に向け、標準化を含むルール形成に積極的に取り組むことも重要な要素となってきています。  本セミナーでは、標準化官民戦略に基づき創設された「新市場創造型標準化制度」、生鮮魚介類及び水産加工品の鮮度・品質保持などについて、企業ブランドを高めることにつながる取組について、皆様に知っていただくため、釧路市にてセミナーを企画しました。 皆様の聴講をお待ちしております。

詳細情報・お申し込み

北のものづくりサポーター

北海道の産学官連携の要になる人々を紹介します

  • 一般財団法人 旭川産業創造プラザ

    中川 敏史さん

  • 国立大学法人北海道大学

    城野 理佳子さん

  • 帯広畜産大学地域連携推進センター

    獣医学博士 田中 一郎さん、農学博士 藤倉 雄司さん

  • 北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場

    八鍬 明弘さん

  • 北海道立工業技術センター

    小西 靖之さん

  • 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

    佐々木 淳さん

  • 十勝圏振興センター

    飛川 剛さん

  • 社団法人 北見工業技術センター運営協会

    進藤 覚弥さん

  • 釧路工業技術センター

    原田 隆行さん

TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

能力開発セミナーのご案内

2019年12月25日 /北海道職業能力開発大学校

令和元年度1~3月実施予定のセミナーのご案内です。北海道職業能力開発大学校では、在職者の方々を対象に、職業に必要な専門的な知識・技能の習得のための、比較的短期間(2~4日間程度)の...

続きを見る

中小企業向け“使える!”経済産業省支援メニューガイドブック

2019年5月14日 /経済産業省北海道経済産業局

北海道経済産業局では、中小企業の設備投資や国内外向け販路開拓等をサポートするため、「中小企業向け“使える!”経済産業省支援メニューガイドブック」を作成しています。ご活用ください。...

続きを見る

札幌市経済観光局 企業支援ガイドブックを公開しました。

2019年3月26日 /札幌市

札幌市経済観光局では、中小企業の新製品・新サービスの開発や、国内外向け販路開拓などをサポートするため、「札幌市経済観光局企業支援ガイドブック」を作成しています。また、経済観光局の企...

続きを見る

事例から学ぶ 商標活用ガイドを発行しました

2019年3月20日 /経済産業省北海道経済産業局

特許庁では、商標に特化した初の活用事例集「事例から学ぶ 商標活用ガイド~ビジネスやるなら、商標だ!~」を初めて作成しました。この活用ガイドは、商標だけに着目し、ビジネス目線で掘り下...

続きを見る


トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

札幌モーターショー2020

各自動車メーカーが最新の技術の車や関連製品など集め開催されるモーターショー!トヨタや日産、ホンダなどの日本車はもちろん。BMWやポルシェなどの海外の自動車メーカーも集結!

FOOD FAIR 2020 ~食のビジネスマッチング~(札幌)

北海道の農水畜産資源の高付加価値化や食関連産業の活性化を図るため、道内食品メーカーによる食品展示会、食×IT、食×デザインなど食を中心としたビジネスマッチングイベントを開催いたします。ロイトン札幌2階にて、講演会・勉強会・展示相談会・交流会(有料)など、多彩なプログラムを用意しております。※同時開催~「第12回札幌イノベーションセミナー」食×AIによる新たな価値創造とは~

HiNTセミナー2019-5「標準化セミナーin釧路」

新興国の台頭、AIやIoT等の技術の進展、業種を超えた製品・サービス提供の拡大など、企業の競争環境は劇的に変化しています。そのような状況にあって、日本企業による市場の創出や競争力強化に向け、標準化を含むルール形成に積極的に取り組むことも重要な要素となってきています。本セミナーでは、標準化官民戦略に基づき創設された「新市場創造型標準化制度」、生鮮魚介類及び水産加工品の鮮度・品質保持などについて、企業ブランドを高めることにつながる取組について、皆様に知っていただくため、釧路市にてセミナーを企画しました。 皆様の聴講をお待ちしております。

第12回札幌イノベーションセミナー「食×AIによる新たな価値創造とは」(札幌)

食関連産業分野における、ITの活用による経営課題の解決、ITに立脚したビジネスモデルの構築、更には「IT経営」の普及・啓発を目的とした第12回札幌イノベーションセミナーを開催いたします。今回は、IT(AI)を活用した食品生産・製造業における「生産管理」や「品質管理」の実践事例のご紹介を通じ、食×AIによる新たな価値創造について考える場にしたいと思います。※同時開催~FOOD FAIR 2020 ~食のビジネスマッチング~

北大ビジネス・スプリングセミナー「国内で初めて『脳梗塞への直接投与法』で再生医療に取り組む」(札幌)

北海道大学病院は脳梗塞急性期に対する自家骨髄幹細胞直接移植の医師主導治験を平成29年4月から開始しました。昨年9月に北大発ベンチャーとして起業し、北大BSに入居されたRAINBOWの事業について、わかりやすくご紹介していただきます。
<申込締切:2020年1月17日(金曜)>

北海道大学CoSTEP「討論劇と評決ワークショップ "わたし"は機械で取り戻せるのか?〜討論劇で問うブレイン・マシン・インターフェース開発の是非〜」(札幌)

CoSTEPの対話の場の創造実習は、2015年度から、受講生と一緒に、演劇を用いた科学技術コミュニケーションを試みています。劇中の登場人物は、それぞれが考える「未来の社会において達成されるべき価値」を表現します。そして、価値に沿った科学技術の利用のあり方を観客と一緒に考えていきます。
今回は、札幌市資料館の刑事法廷展示室(旧札幌控訴院)にて、脳の認知機能を補完するためのブレイン・マシン・インターフェースの開発が計画された未来を想定した「討論劇」を実施します。その後、観客のみなさんとともに、そのような装置を受け入れてよいかどうかを考え、判断を下す、ワークショップを行います。人数に限りはありますが、サイエンスと人文科学の融合である、演劇を用いて科学技術コミュニケーションを行う試みにご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

道総研 移動工業試験場 in 十勝(場所:十勝産業振興センター)

道総研 工業試験場では、道内中小企業の技術力の向上と地域産業の振興発展を図るため、 1月27日(月)に十勝総合振興局及びとかち財団と共催で、移動工業試験場を開催いたします。 今回の移動工業試験場は、農業機械や食品加工機械などの機械製造業者様、工場の自動化を 考えている食品加工業者様を中心にお役に立てる内容となっております。

グローバル知財戦略フォーラム2020(札幌)

特許庁は(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)と共催で「グローバル知財戦略フォーラム2020~世界で戦うためのビジネス戦略~」を開催します。特に、グローバル展開を目指す企業経営者や知財関係者等向けの内容になっており、例えば、中小企業における知的財産の重要性を議論するパネルディスカッション(B2)や、中小企業が海外パートナーとの連携を円滑に行うために必要な知的財産の取組について議論するパネルディスカッション(B3)などがあります。昼休憩時間に2019年意匠法改正セミナー、フォーラム後に交流会も行います。

道総研 移動食品加工研究センターin 岩見沢

本セミナーでは、道総研 食品加工研究センターの概要や最近の研究開発の取組みについてご紹介するとともに、食品分野の共同研究と知的財産について北海道知財総合支援窓口の理解増進担当の金木様にご講演いただきます。

農商工連携セミナー・地域交流会 in 恵庭市

農業生産者と商工業者がお互いの技術やノウハウを持ち寄り進める「農商工連携」、生産者が加工・販売やサービス業にまで展開する「6次産業化」など、地場産品を活かした地域の元気づくりを応援するため、恵庭市内で「農商工連携セミナー・地域交流会」を開催します。

IoT活用シンポジウム(札幌)

第四次産業革命の中核をなすIoT,AI,BD,ロボットは今日最重要の技術分野ですが、IoTはIT分野だけに留まらず、製造業を含むほぼ全ての 分野に関係しており、ITに不慣れなものづくり企業も必然的に対応せざるを得ない状況となっています。また、知的財産権の重要性や知財 戦略構築等が不十分のままIoT関連の投資が展開され、その結果、自社で構築したIoTシステムが同業他社に模倣されたり、逆に既得知財 を侵害してしまう例が増加していることもあり、知財戦略を加味したものづくり企業のIoT導入を推進する必要があります。 このため、今後新たにIoT導入・知財戦略構築に取り組むものづくり企業様等を対象に、IoTと知財に関する講演と今年度実施したIoT導入 ワークショップの成果報告、および道内企業が開発したIoTツールの展示・商談会からなる「IoT活用シンポジウム」を開催致します。

北大R&BP ビジネス発表会(札幌)

北大北キャンパスを拠点とする企業、北キャンパスに所在する機関と関連ある企業を中心に、ビジネス発表会を開催いたします。ビッグデータの活用やデータ分析に係るアドバイス、社内コミュニケーションに関するツールの新たな活用方法、食品関連工場の衛生管理検査、道産機能性素材原料、道産食材を活用したベビーフードなど、自社の商品、技術の紹介を行います。また、発表会場の隣室では、発表企業の商品展示も行います。

2020 HOBIA第129回 冬期例会(札幌)

新たな年号も2年目となる新年に、バイオ産業の新たな展開を学ぶべく、冬期例会として「バイオ連略2019とその実現へ」と題した講演会を開催します。

ものづくりデザイン活用セミナー(札幌)

デザインを活用したものづくりは、製品の付加価値向上やブランド創出などに効果があると考えられており、最近では「デザイン経営」などデザイン導入への関心が高まっています。本セミナーでは、ものづくりへのデザイン活用について、どのように取り組んでいけば良いか、ものづくり企業との製品開発に関わってきたデザイナー、デザイン活用に取り組まれている企業の方からお話を伺います。

札幌市立大学 デザイン学部・デザイン研究科 卒業修了研究展2020(学外展)

デザイン学部卒業生・デザイン研究科修了生による卒業修了研究展を開催いたします。
◆展示テーマ「らしさらし」
卒展以降は公的な場で個性を出しにくくなります。個性を抑えすぎると、場合によっては自分の魂の損失に繋がります。そうした時でも魂を思い出して立ち直れるように、卒展で自分らしさを十分にさらして魂に楔を打っておきましょう。悔いのないようらしさらし。
◆開催場所:大通ビッセ(札幌市中央区大通西3丁目7番地北洋大通センター)

機械工業会&室蘭工大コラボによる高度技術セミナー「トポロジー最適化を活用した 新たな設計やデザイン手法 とその応用」(札幌)

近年、トポロジー最適化手法を用いた、製品や構造最適化が注目されています。この手法は、外観だけでなく、穴の数などの形態変更も可能とする自由度の高い設計手法で、製品や構造体の大幅な性能向上やコスト削減が期待できます。本セミナーでは、この「最適化」をキーワードとして、多目的最適化の事例、およびトポロジー最適化を活用した製品開発手法と製品デザインの方法を紹介を通じて、現在様々な製造分野で活用が進んでいる最先端の設計手法を解説します。

第17回北海道ポリテックビジョン(小樽)

北海道ポリテックビジョンは、当校で行っている教育訓練や事業等を広く地元企業・団体や地域のみなさまに知っていただくためのイベントです。当校及び道内職業能力開発施設の学生が学んできた「ものづくり」技術の成果を展示するとともに、学生による発表会を実施します。このほか、記念講演や優れたものづくり技術を有する地域企業・団体の紹介、ものづくり体験教室など各種イベントを用意しています。入場無料。

札幌市立大学 デザイン学部・デザイン研究科 卒業修了研究展2020(本展)

デザイン学部卒業生・デザイン研究科修了生による卒業修了研究展を開催いたします。
◆展示テーマ「らしさらし」
卒展以降は公的な場で個性を出しにくくなります。個性を抑えすぎると、場合によっては自分の魂の損失に繋がります。そうした時でも魂を思い出して立ち直れるように、卒展で自分らしさを十分にさらして魂に楔を打っておきましょう。悔いのないようらしさらし。
◆開催場所:札幌市立大学 芸術の森キャンパス(札幌市南区芸術の森1丁目)

北大R&BPフォーラム in 札幌

産学官連携による様々な事業化プロジェクトを進めてきた山形大学の松崎コーディネーターから大学技術シーズの社会実装に向けた取組のポイントをお話しいただくとともに、スタートアップ企業の課題解決に向けた金融機関との本音ベースのトークセッションを開催しますので、産学官金関係者はもちろん、創業間もない企業、創業に興味のある大学生等の皆さんも、ぜひご参加ください!

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の 令和2年度研究開発課題の公募

総務省は、情報通信技術分野の競争的資金である「戦略的情報通信研究開発推進 事業(SCOPE)」において、令和2年度から新規に実施する研究開発課題を公募します。公募対象プログラムは、(1)社会展開指向型研究開発と(2)電波有効利用促進型研究開発の2つです。

公募情報一覧をみる

お問い合わせ

ご相談のお申込み

施設利用のお申込み