技術開発の相談の拠点:技術開発に関する相談や支援制度をご紹介します。

知的財産の活用促進拠点:特許などに関する情報の提供や、検索の支援を行います。

研究シーズ等の情報拠点:技術情報の提供や共同研究のパートナーのご紹介をしています。

地域情報の発信拠点:道内に限らず、道外へも情報の発信を行い、交流の機会をつくります。

人的交流の拠点:様々な交流のためのセミナースペース、面談ブースをご用意しています。

産学官連携に関する様々な情報の発信、様々な技術情報への総合窓口・・・


北のものづくりサポーター

北海道の産学官連携の要になる人々を紹介します

  • 国立大学法人北海道大学

    城野 理佳子さん

  • 帯広畜産大学地域連携推進センター

    獣医学博士 田中 一郎さん、農学博士 藤倉 雄司さん

  • 北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場

    八鍬 明弘さん

  • 北海道立工業技術センター

    小西 靖之さん

  • 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

    佐々木 淳さん

  • 十勝圏振興センター

    飛川 剛さん

  • 社団法人 北見工業技術センター運営協会

    進藤 覚弥さん

  • 釧路工業技術センター

    原田 隆行さん

TOPIC 産学官に関するニュース・出来事

経済産業省北海道経済産業局

「スマートものづくり応援ツール」に北海道から8件選定されました

経済産業省支援のもと、ロボット革命イニシアティブ協議会が、中堅・中小製造業が簡単に低コストで使える、「スマートものづくり応援ツール」を選定・公表しました。全国で106件、道内からは8件が選定されましたのでお知らせします。

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター

「元気北海道ロゴマーク」のご案内

ノーステック財団は今年1月、健康長寿産業分野の振興に向けた連携協定を北海道と締結し、両者が協調してライフサイエンス分野の産業振興を進めていくことになりました。 この元気北海道ロゴマークは、北海道との連携協定において目指す「健康長寿産業の創造」に 向けた取組みを広くPR し、仲間を集い、集った仲間が目的意識を共有しあうために 作成したもので、人(企業)と人(企業)とのつながり、つながったことでの健康創造をシンボル化しています。主旨にご賛同いただき是非とも元気北海道ロゴをご愛顧、ご活用下さい。

経済産業省

「省エネ支援総合ポータル」が開設されました

経済産業省資源エネルギー庁では、無料省エネ診断等の申込や診断事例の紹介により、企業の省エネ・節電をきめ細かにサポートする「省エネ支援総合ポータル」を開設しました。省エネに関する課題や取組に対して、様々なサービスを提供しておりますので、ぜひご活用ください。

北海道中小企業総合支援センター

平成28年度北海道6次産業化サポートセンター開設のご案内

(公財)北海道中小企業総合支援センターでは、北海道から委託を受け、本道における農林漁業者の6次産業化を推進するため、事業者等からの相談等に対応する「北海道6次産業化サポートセンター」を開設しました。サポートセンターでは、道内農林漁業者等の皆様からのご相談に応じ、6次産業化に関する取り組みや新商品開発・販路拡大等に関するアドバイス等を行うとともに、6次産業化・地産地消法に基づく「総合化事業計画」の作成支援及びその認定後のフォローアップ等を行います。

経済産業省北海道経済産業局

人を惹きつける製品を生み出すために~ デザインマネジメント活用事例集を発刊しました ~

経済産業省北海道経済産業局は、この度デザインマネジメント活用事例集「attraente※」を発刊しました。(A4版・24頁・1,500部・無料)  本冊子では、実質的な開発に入る前に製品のコンセプトを検討・設定し、設計や販売戦略に反映させることで、一貫性を持って製品開発を行う「デザインマネジメント」の実践事例や、この手法を活用した製品開発を支援するプロデューサーの仕事を紹介しています。

北海道立総合研究機構

「チャレンジ北海道産100%プロジェクト」を立ち上げました

このたび北海道立総合研究機構では、北海道で生産・製造された原材料のみを使用し、北海道内で製造された「北海道産100%」の食品づくりにチャレンジしている企業やチャレンジしようとしている企業を支援するため、「チャレンジ北海道産100%プロジェクト」を立ち上げました。

経済産業省北海道経済産業局

「地域団体商標事例集2016」を発刊しました~道内27件、全国587件の地域ブランドを掲載~

特許庁では、この度「地域団体商標事例集2016」を作成しました。本書は、平成27年12月までに登録された、道内27件を含む全国587件の地域団体商標の特徴やその活用事例、また平成27年6月からスタートした地理的表示制度との比較等を掲載しています。

北海道立総合研究機構

道総研 第1期成果集「ほっかいどうの希望をかたちに!」を作成しました

道総研は、平成22年(2010年)4月に、それぞれが長い歴史を持つ22の道立試験研究機関を統合して発足し、農業・水産業・林業・工業・食品加工・環境・地質・建築の8分野について、北海道に根ざした総合研究機構として研究開発に取り組んでいます。発足から5年、第1期中期計画期間(平成22~26年度)の終了に伴い、第1期の主要な研究成果をまとめた成果集「ほっかいどうの希望をかたちに!」を作成しました。

トピック一覧をみる

EVENT 産学官のイベント情報

海外進出知財リスク対策セミナー&個別相談会(函館)

近年、日本企業が海外進出を行う際に、先に日本企業のブランドや社名等を権利取得している外国企業から権利侵害を指摘され、販売・生産の中止や損害賠償を求められるなど、知財トラブルに巻き込まれるケースが多く発生しております。このようなトラブルに巻き込まれないためには、海外進出を行う際に各国の知財に関する基礎情報、冒認対策等を理解し、対策を講じる必要があります。本セミナーは、JETRO北京センターで知財室長を務め、中国をはじめアジアの知財情勢に詳しい日高賢治弁理士及びJETRO北海道担当者を講師に招き、海外の知財制度の概要、事例を踏まえたリスク対策を紹介します。また、海外進出や知的財産に関する個別相談会も実施します。

第2回鮮度保持技術シンポジウム「最先端の冷凍・解凍技術と北海道の農林水産業・食産業」(札幌)

北海道大学産学・地域協働推進機構では、第2回鮮度保持技術シンポジウムを下記の通り開催致します。一昨年12月に開催した第1回鮮度保持技術シンポジウムに引き続き、今回は、冷凍・解凍技術と鮮度保持に注目し、講師に食品冷凍学の第一人者であり、テレビ番組やマスコミを通じて「家庭の冷凍学」を発信している、東京海洋大学教授の鈴木徹氏、魚介類など「生もの」の品質を保ったまま急速解凍する電子レンジを開発するなど、解凍技術の先進的な取組みを研究されている、東北大学名誉教授の佐藤實氏、さらに、農林水産省から農林水産技術会議事務局産学連携室長の田中健一氏をお迎えするほか、北海道大学、北海道立総合研究機構の研究者も交えながら意見交換いたします。 尚、このシンポジウムは第2回「食科学プラットフォームセミナー」も兼ねて開催します。

海外進出知財リスク対策セミナー&個別相談会(室蘭)

近年、日本企業が海外進出を行う際に、先に日本企業のブランドや社名等を権利取得している外国企業から権利侵害を指摘され、販売・生産の中止や損害賠償を求められるなど、知財トラブルに巻き込まれるケースが多く発生しております。このようなトラブルに巻き込まれないためには、海外進出を行う際に各国の知財に関する基礎情報、冒認対策等を理解し、対策を講じる必要があります。本セミナーは、JETRO北京センターで知財室長を務め、中国をはじめアジアの知財情勢に詳しい日高賢治弁理士及びJETRO北海道担当者を講師に招き、海外の知財制度の概要、事例を踏まえたリスク対策を紹介します。また、海外進出や知的財産に関する個別相談会も実施します。

平成28年度補正「ものづくり等補助金」公募説明会(旭川)

(旭川)14:00~旭川リサーチセンター「1階 スタジオ」 道内8地域でものづくり補助金を中心とした中小企業向け説明会を開催します。新たな設備投資や試作開発に活用できる補助制度の概要や申請のポイントなどをご説明します。

北海道科学大学と北海道立総合研究機構との協働セミナー(札幌)

平成28年12月7日(水)15時より、北海道科学大学と北海道立総合研究機構との協働セミナー「北国の豊かな暮らしをつくる~健康で安心な暮らしのサポートシステム~」を、北海道薬科大学共用講義棟(A棟)A106講義室で開催します。このセミナーでは、看護・ものづくり・食品加工の技術分野から、健康寿命を延ばし、高齢者や障がい者に不自由を感じさせないための研究成果を紹介します。

ものづくり道場(札幌)

ものがあふれる時代に、永く愛される製品とは??魅力的な製品の開発や長期的な視点でのブランド力向上といった経営課題の解決のためには、戦略的にデザインを活用していくことが必要です。ものづくり道場では、製品アイディアを形にするために必要な「デザインするプロセス」を体感するワークショップや対話型講義を通して「製品開発の肝」を、そして成長を目指す中小企業に求められるデザイン戦略について学びます。

商品づくり&販路拡大セミナーin留萌

地方独立行政法人北海道立総合研究機構食品加工研究センターでは北海道留萌振興局の後援をいただき留萌管内の食品関連企業等の食の取組や販路拡大を図るため、専門家によるセミナーを開催いたします。本セミナーでは、食品加工研究センターの概要及び研究成果を紹介させていただくとともに、商品づくり、販路開拓の専門家の方からご講演いただきます。また、食に関する技術的課題や、販路開拓等の個別相談や現地技術指導を行います。

平成28年度補正「ものづくり等補助金」公募説明会(北見)

(北見)14:00~北見市工業技術センター 「2階 第2研修室」 道内8地域でものづくり補助金を中心とした中小企業向け説明会を開催します。新たな設備投資や試作開発に活用できる補助制度の概要や申請のポイントなどをご説明します。

HoPE 12月例会(札幌)

HoPE12月例会では、農研機構北海道農業研究センターから若林勝史氏を講師に迎え、3Dプリンターを活用した種子選別機をテーマにお話いただきます。終了後の交流会は「望年会」となります。

平成28年度補正「ものづくり等補助金」公募説明会(函館)

(函館)14:00~北海道立工業技術センター 「1階 会議室」 道内8地域でものづくり補助金を中心とした中小企業向け説明会を開催します。新たな設備投資や試作開発に活用できる補助制度の概要や申請のポイントなどをご説明します。

「プロフェッショナル人材活用セミナー」in 札幌

公益財団法人北海道中小企業総合支援センターでは、北海道から「北海道プロフェッショナル人材センター運営事業」を受託し、「北海道プロフェッショナル人材センター」を設置して、新たな商品・サービスの開発、その販路の開拓や生産性の向上などの取組を通じて企業の成長戦略の具現化をリード又はサポートするプロフェッショナル人材の活用を促し、その採用を支援しています。本セミナーでは、第一部では株式会社日本人材機構 代表取締役社長の小城武彦氏、第二部ではプロフェッショナル人材戦略全国事務局 統括マネージャーの田中文隆氏をお招きしご講演いただきます。

ヒットメーカー特別講演会 (札幌)

「モノが売れない時代」と言われる昨今、売れる商品には必ず理由が存在します。日々たくさんの商品が生まれる中、ユーザーから支持され続け、売れ続ける商品は何が他と違うのか。札幌商工会議所では、ヒット商品・企画を生みだした「ヒットメーカー」を講師に招き、その着眼点や考え方を学ぶための講演会を開催します。

北海道の農業を理解するためのセミナー(札幌)

後継者問題等で減少し続ける農家、TPP等海外との競争、農業政策、気候変動、消費者ニーズ等、北海道の農業を取り巻く環境は変化し続けています。一方、北海道において農業は、地域を維持していくうえで欠くことのできない産業です。このような状況の中で、これからの北海道農業を改革・強化していくための、他の産業等との連携した取り組みが重要となってきます。本セミナーでは、北海道の農業がどのような特性を持ち、今何が求められているかを理解していただき、先進的取組に学びながら北海道農業と連携した新たなプロジェクト創出について考えます。              

平成28年度 第2回 札幌市ITイノベーション研究会(札幌)

「札幌市 IT イノベーション研究会」は、研究会に参加されている企業が、様々な産業分野と連携しながら、新たなビジネスや具体的なサービスの創出に向けた「事を起こす」活動を中心とすべく、年3 回開催する研究会のみならず、それ以外の活動を活発化させることを目標に、市内の中小ソフトウェア事業者だけでなく、IT から見るとユーザ系企業となる分野からも研究会への参加を求めながら更なる「融合の場」を形成していきたいと考えております。今回の定例研究会は、「札幌における FinTech モデルの創造・確立」に焦点を当て、北洋銀行フィンテック推進室 佐々木 勉 様をお招きするほか、既にフィンテック関連のサービスを提供している株式会社マネーフォワードの北海道支社長 山本 華佳 様をお招きし、フィンテックを取り巻く新しいうねりと、研究会参加企業や札幌のIT 企業の関係性や活躍の可能性などを考えていく予定です。

第27回北大BSセミナー「これで分かった!食加研の使い方」「こんなに凄い!北海道のワイン」(札幌)

食品加工研究センターの役割と現状や使い方を、分かり易く説明いただきます。また、いつの間にか大きくなったように見える北海道のワイン業界。その歴史や成り立ちから、その凄さについて紹介していただきます。クリスマス、年末、年始とワインを楽しむ機会が増える季節ですので、ワンポイントレッスンを兼ねてご参加ください。

平成28年度補正「ものづくり等補助金」公募説明会(釧路)

(釧路)14:00~釧路工業技術センター 「2階 会議室」 道内8地域でものづくり補助金を中心とした中小企業向け説明会を開催します。新たな設備投資や試作開発に活用できる補助制度の概要や申請のポイントなどをご説明します。

アグリビジネス創出フェア(東京ビッグサイト)

アグリビジネス創出フェア2016は全国の産学の機関が有する、農林水産・食品分野などの最新の研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し、研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す場として開催する「技術交流展示会」です。

平成28年度補正「ものづくり等補助金」公募説明会(帯広)

(帯広)14:00~十勝産業振興センター 「2階 大会議室」 道内8地域でものづくり補助金を中心とした中小企業向け説明会を開催します。新たな設備投資や試作開発に活用できる補助制度の概要や申請のポイントなどをご説明します。

イベント情報一覧をみる

SUBSIDIES 技術開発関連の公募情報

平成28年度「地域・まちなか商業活性化支援事業(地域商業自立促進事業)」の3次募集

本事業は、商店街等を基盤として、地域経済の持続的発展を図るため、地域住民等のニーズや当該商店街を取り巻く外部環境の変化を踏まえ、地方公共団体と密接な連携を図り、商店街組織が単独で又はまちづくり会社等の民間事業者と連携して行う、以下の6つの分野に係る公共性の高い取組を支援することにより、商店街等の中長期的発展及び自立化の促進に寄与し、商店街等が有する地域コミュニティ機能、買物機能の維持・強化を図ることを目的とします。

商品の魅力を「最大限」伝えるパッケージデザインを募集します

経済産業省北海道経済産業局では、デザイン活用の重要性や知的財産としての権利保護の必要性を多くの人に知ってもらう、「デザインで北海道のおいしいを、もっと伝えるパッケージデザイン展2016」を開催します。開催にあたって、今回の公募ではデザインの対象商品を公開して、全国のデザイナー・学生等からパッケージデザイン作品を募集します。応募作品は、デザインの専門家による審査会を行い、優秀作品を選定・表彰します。また、全ての応募作品を札幌と函館で開催するパッケージデザイン展で展示します。商品化にふさわしいデザイン作品は、商品化を目指して適宜フォローアップを行います。

平成28年度中小企業等外国出願支援事業(3次募集)

(公財)北海道中小企業総合支援センターでは、道内中小企業者等が海外特許出願等に取り組む費用の一部を助成する平成28年度中小企業等外国出願支援事業の3次募集を実施しております。

北海道農商工連携ファンド事業募集(4次)

北海道農商工連携ファンドは、北海道が優位性を有する農林水産資源を効果的に活用し、中小企業者と農林漁業者の連携体による「食」「観光」「ものづくり」の各分野における新商品・新サービスの開発等の取組を加速することを目的として、国や北海道、札幌市、道内経済界・金融機関の協力のもと、25億400万円のファンドとして組成されたものです。

「大人の武者修行」(経済産業省補助事業)修行者募集

新しい社会人インターン「大人の武者修行」とは…優良企業の取組は、これまでも多数紹介されてきました。しかし、書籍などから得られる断片的な情報やセミナーの講義だけで、その本質や神髄を理解するのは難しいのではないでしょうか?「大人の武者修行」は、貴社の次代を担う経営人材を優良企業の職場に送り、一緒に汗をかきながら働く事を通じてサービスイノベーションの極意を学び取って頂く、新しいタイプの社会人インターンシップです。「武者修行者」が持ち帰る、優れた企業のDNAやサービスビジネスの極意が、貴社の風土を根本的に変えていきます。

平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(中小事業者による排出量算定・排出量削減のための環境経営体制構築支援事業)の公募について

本事業は、温室効果ガス排出削減について、環境経営の専門家が事業所へ直接赴き、事業特性や地域特性に応じたきめ細かい支援を行い、環境経営のノウハウが少ない中小事業者においても無理なく継続的に取り組めるように支援し、こうした支援等に要する費用を補助するものです。

「Challenge Local Cool Japan in パリ」事業の公募

クールジャパン商品のパリでの販路開拓を応援します!全国の経済産業局では、パリのショールーム運営事業者 SAS ENIS(サス・エニス)、JETRO、中小機構及びクールジャパン機構等と連携し、「Challenge Local Cool Japan in パリ」事業に取り組みます。本事業は、全国の優れたクールジャパン商品を募集し、パリのショールームmaison waでのテストマーケティング実施により販路開拓を応援するものです。今後、出展商品募集の準備が出来次第、当局のウェブサイトでもご案内します。

平成28年度第2次補正予算「小規模事業者販路開拓支援事業」の公募

経済産業省は、平成28年度第2次補正予算に「小規模事業者販路開拓支援事業」を措置し、うち、「小規模事業者持続化補助金」の公募を本日開始しました。本事業は、小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等を支援するものです。

平成28年度第2次補正「小規模事業者持続化補助金(一般型)」の公募

日本商工会議所及び全国商工会連合会では、平成28年度第2次補正「小規模事業者持続化補助金」の公募を開始しました。小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助します。

平成28年度民生用燃料電池(エネファーム)導入支援補助金の公募

(一社)燃料電池普及促進協会では、民生用燃料電池(エネファーム)の普及促進のため、購入費用・設置工事費用の一部を補助する「民生用燃料電池(エネファーム)導入支援補助金」の公募を4月11日(月)から開始しました。

平成28年度人材育成助成事業の募集

道北地域(上川・留萌・宗谷)における地域企業が行う派遣研修事業及び自主研修事業に対し、その経費の一部を助成します。

平成28年度省エネルギー型建設機械導入補助事業の募集

(一財)製造科学技術センターでは、建設現場等で使用される省エネルギー型建設機械の普及促進、市場活性化及び一層の省エネルギー性能の向上等を支援し、低炭素社会の実現に資することを目的とした、「平成28年度省エネルギー型建設機械導入補助事業」の募集を5月17日(火)から開始しています。

「新輸出大国コンソーシアム」ハンズオン支援企業の公募

ジェトロは、新輸出大国コンソーシアムにおけるハンズオン支援企業のお申し込みを随時受付しています。「ハンズオン支援」は海外ビジネス経験に精通した専門家(新輸出大国パートナー)が継続的な企業訪問を通じて、海外展開計画の作成支援から海外販路開拓、立ち上げ、操業支援まで一貫して支援するサービスです。

公募情報一覧をみる

お問い合わせ

ご相談のお申込み

施設利用のお申込み